山崎紘菜 映画『花筐/HANAGATAMI』 第30回東京国際映画祭レッドカーペットイベントに出席!

2017.10.25

写真1

 10/25(水)都内で行われました第30回東京国際映画祭レッドカーペットイベントに、映画『花筐/HANAGATAMI』より、主演の窪塚俊介さんをはじめ、矢作穂香さん、常盤貴子さん、岡本太陽さん、門脇麦さん、辻幸徳さん(製作)、大林宣彦監督と共に山崎紘菜が出席しました!

本作の原作は三島由紀夫氏がこの一冊を読み小説家を志したという檀一雄の純文学「花筐」。長編デビュー作『HOUSE/ハウス』(77)より以前に書き上げられていた脚本が奇蹟の映画化となり、戦争の時代に生きる若者たちの青春群像劇を、圧倒的な映像力で描く大林宣彦の魂の集大成となっています。

レッドカーペット当日、山崎は黒のスラリとしたプラダのドレスをまとい華やかに登場、大林監督、豪華キャストと共にレッドカーペットを歩きました。イベントでは代表して大林監督が「美しい女優陣でもありますが、かわいい娘や息子でもあります。この人たちの時代には、決して戦争を残してはならないと思います」とコメントされました。

第30回東京国際映画祭のJapanNow部門に出品された本作、10/28(土)には公式上映と舞台挨拶が予定されています。

映画『花筐/HANAGATAMI』は、12/16(土)有楽町スバル座他全国順次公開です!
ぜひ劇場でご覧くださいませ。

(2017/10/25)

写真2