上白石萌歌 浪漫活劇「るろうに剣心」初日前会見に登壇!!

小池修一郎さん脚本・演出による浪漫活劇「るろうに剣心」が、10月11日(木)より新橋演舞場で開幕。先立って行われた会見に、本作に出演する上白石萌歌が登壇いたしました。

本作は、6000万部を超える同名の大ヒット漫画が原作で、これまでにもアニメ化や実写映画化され、いずれも大ヒットを記録。2016年には同じく小池修一郎さん脚本・演出で、宝塚歌劇団が初めて舞台化し大成功をおさめました。この時、主人公・緋村剣心を演じた当時の雪組トップスター・早霧せいなさんが、退団後にも男女の枠を超えて同じキャラクターを演じるというかつて無い試みで注目を集めています。
物語は、明治11年の東京を舞台に、緋村剣心を中心とした幕末の動乱を生き抜いた者達の新たなる戦いを描いています。
上白石は、本作で緋村剣心に恋心を抱くヒロイン・神谷薫を演じます。

この日の会見では、上白石のほか、主人公・緋村剣心役の早霧せいなさん、元新撰組隊士で貿易商・加納惣三郎役の松岡充さん、そして脚本・演出を務められた小池修一郎さんが登壇。
待ちに待った初日をむかえ、上白石は「とても晴れやかな気持ちでいます。皆さんと一緒に作品の世界観を作っていける感覚があってドキドキしています」と挨拶。

本作の見どころでもある殺陣ついて、宝塚歌劇団の公演との違いについて問われると、「雪組の『るろうに剣心』公演は、女性が出せる軽やかさが魅力でしたが、今回は男性がいることで声量や圧がパワーアップしていると思います」とそれぞれの魅力に触れつつも、「男性陣も素敵ですが、私は早霧さんの剣心しか見えていません」と役柄になぞらえたコメントで笑いを誘うと、早霧さんと抱き合って絶妙なコンビネーションを見せました。

また、本作の見どころについて、「殺陣だけではなく、登場人物ひとりひとりの心情の動きが繊細かつダイナミックに描かれています」とコメント。さらに、新橋演舞場ならではの花道を使った演出があるようで、「花道でお客さんの傍を颯爽と走ります。この会場でしか味えない迫力があるので、ぜひ風を感じていただきたいです」とオススメポイントを語りました。

最後に、「尊敬する皆さんの背中を必死に追って、公演中も進化し続けていけたらと思います。ぜひ劇場に足を運んでいただけると嬉しいです」とメッセージを送り、会見を締めくくりました。

ぜひ劇場へお越しください!!

<公演情報>
■東京:2018年10月11日(木)~11月7日(水)/新橋演舞場
■大阪:2018年11月15日(木)~11月24日(土)/大阪松竹座

(2018/10/11)