上白石萌音・山崎紘菜・XAI 映画『スタートアップ・ガールズ』公開記念舞台挨拶に登壇!

映画『スタートアップ・ガールズ』の公開を記念して、9月7日(土)にTOHOシネマズ日比谷にて舞台挨拶が行われ、本作でW主演を果たす上白石萌音と山崎紘菜、そして挿入歌「スリープ」を歌うアーティストのXAIが登壇しました!

本作は、ITと医療で起業を目指す超自由人な大学生・小松光(上白石萌音)と、大企業に勤め起業家への投資を担当する超安定志向の女性・南堀希(山崎紘菜)の正反対なふたりがタッグを組み、ぶつかり合いながらもビジネスパートナーとして突き進んでいく姿を描いた物語。ASIAN KUNG-FU GENERATIONさんが歌う主題歌「スリープ」は、違うアレンジを加えてXAIが挿入歌としても歌唱しており、劇中の印象的な場面で流れます。

この日の舞台挨拶では、メガホンを取った池田千尋監督とともに登場した3人。
撮影からプロモーションまで一緒に駆け抜けてきた山崎について、上白石は「今振り返ると、楽しくて尊い日々でした。こんな機会をいただけて、監督には感謝だなと思います!」と感謝の気持ちを述べると、山崎も「撮影は1年以上前のことですが、これだけ温めてきた作品が遂に公開できて…監督を含めここまで導いていただいた全ての皆様に感謝しています!」と感慨深い様子でした。
“東宝シンデレラ”出身としては、ふたりにとって初めての後輩にあたるXAIについて、上白石は「この場所に一緒に立つことができて、まさに“スタートアップ!”“新時代の台頭!”という感じがして嬉しいです!」と笑顔を見せました。

光のキャラクターを演じる上では、かなりのパワーが必要だったいう上白石は「私は普段怒ったり喧嘩したりはしないタイプですが、光は真正面から人とぶつかったり罵倒したりして…撮影が終わってお家に帰ったら体中に湿疹ができました(笑)」と仰天エピソードを告白。
一方、希を演じた山崎も「光の怒りをぶつけられたり、上司にプレッシャーをかけられたり…日々溜まるものがあったので、劇中で『リライト』をカラオケで歌うシーンは最高でした!」とコメント。また、光と希が言い合いになるシーンについて、「撮影で泣きすぎるくらい泣いてしまって…それだけ溜まっていたものがあるんだなと思います」と当時の心境を語ると、上白石は「でも、すごく楽しい現場でしたよ!!(笑)」と慌ててフォローし、会場の笑いを誘いました。

そして、この日に合わせて、“光”を意識したピンク色の髪を披露したXAI。
挿入歌を担当して、「おふたりとご一緒したいと思っていたので、とても嬉しかったです!」とコメント。『スリープ』について、「(歌詞を聞いて)自分の歌だなと思えて…これからこの曲を聴いてくださる方が、同じように自分の歌だと思ってもらえるように歌っています」と楽曲への想いを語りました。
また、この楽曲のMVでは、“新時代の台頭”にインスピレーションを受けて、自分なりに何かをやりたいと感じたようで、「常々ご一緒したかったスタイリストさんやダンサーさんなど同い年の方や若い監督さんなどに助けていただきながら、話し合って作りました」と制作秘話を明かしました。

二度三度と本作を観る方に注目してほしいポイントを聞かれると、XAIは「光ちゃんの部屋のシーンがすごく好きで…光ちゃんの頭の中のように、たくさんのアイディアが溢れてすごくごちゃっとしている感じが素敵だなと。細かいところにも注目してみたいです」とコメント。
光の部屋に関連して、山崎は隠しネタがあるようで、「私の私物だった白いセーターが汚れていたので、着替えて捨てようと思っていたら、スタイリストさんが『その服ちょうだい!光の部屋用に探してたの!』って。なので、光の部屋には私のセーターがあるんです!」と思いがけないエピソードを披露しました。
上白石は、「ふたりの行きつけのお店は実在のお店なんですけど、そこのママさんが、(劇中でママを演じた)渡辺真起子さんに雰囲気がそっくりなんです!ぜひ行ってみてください!」とオススメしました。

最後に、山崎は「観終わった皆さんが、新しいことにチャレンジする勇気や、苦手なことに挑戦しようという前向きなエネルギーを持っていただけたら嬉しいです」とメッセージを送りしました。上白石も、「私自身も撮影チーム全体も、限界突破をスローガンにしていました。自分の中のリミッターを外して超えた先に見える素晴らしい景色を、この映画に教えてもらいました。この映画が、たくさんの人に届いて欲しいのはもちろんですが、ひとりの人の心の深くまで届いたら嬉しいなと思います」と挨拶し、舞台挨拶を締めくくりました。

映画『スタートアップ・ガールズ』は、全国にて絶賛上演中です!
ぜひ劇場へお越しください!

(2019/09/07)