長澤まさみ 映画『コンフィデンスマンJP』ワールドプレミアイベントに登壇!!

映画『コンフィデンスマンJP』の完成を記念して、5月8日(水)に都内会場にて、ワールドプレミアイベントが行われ、主演を務める長澤まさみが登壇しました!

本作は、ヒットメーカーの脚本家・古沢良太さんが手掛けた月9ドラマ「コンフィデンスマンJP」の映画化で、主人公でコンフィデンスウーマンのダー子(長澤)が、真面目で小心者のボクちゃん(東出昌大さん)・百戦錬磨のコンフィデンスマン・リチャード(小日向文世さん)とともに、香港を舞台に壮大な騙し合いを繰り広げるエンターテインメント!
映画公開の次の日には、スペシャルドラマの放送も決定していて、大きな盛り上がりを見せています。

この日のイベントでは、長澤のほか、共演者の東出昌大さん・小日向文世さん・小手伸也さん・織田梨沙さん・竹内結子さん・三浦春馬さん・江口洋介さん、メガホンを取った田中亮監督が登壇。
そしてオープニングアクトとして、主題歌を歌うOfficial 髭男dismさんが、映画主題歌「Pretender」とドラマ主題歌「ノーダウト」を生披露!2曲目の途中からは、出演者たちが、各キャラクターの顔が印字された紙幣を模した紙をキャッシュキャノンで客席にばら撒きながらステージに登壇。最後に長澤が巨大なハンディバズーカを噴射すると、会場は大盛り上がりとなりました。
Official 髭男dismさんと初めて会ったという長澤は、「すごく感動的です。コンフィデンスマンJPの世界を作っている仲間なので、お会いできて嬉しかったです」と感想を口にしました。

ロマンス篇と銘打つ本作の見どころについて、「ダー子(長澤)がジェシー(三浦さん)に恋をしているのか、恋していたのか…そうしたロマンスがあるところが見どころです。ドラマでは人間らしい一面は見せていなかったので、女の子であるという一面が垣間見られるのが、ダー子的な注目ポイントですね」と見どころを紹介。

劇中では甘い演技を披露している三浦さんについては、長澤が「初日の撮影で三浦さんと会った時、本当に眩しくて…未だかつてコンフィデンスマンJPでこんなに眩しい人はいただろうかというくらい(笑)」とコメントすると、東出さん・小日向さん・小手さんは顔を見合わせながら異議を唱え、会場は笑いに包まれました。
今回新加入となったモナコを演じる織田梨沙さんは、オーディションを勝ち抜いて抜擢されたようで、長澤は「可愛いですね。チームができているところに入っていくのは大変ですけど、梨沙ちゃんは屈することなく堂々としていました」と大絶賛。

今回は香港でのロケということで、エピソードを聞かれると、「撮影が終わった後に打ち上げをやりました!何事もなく海外での撮影を終えられたのは、ドラマからのスタッフさん含めてチームワークがあったからだと思います。充実した日々を送っていたんだなと改めて感じました」と撮影を振り返りました。

最後に、「コンフィデンスマンJPが映画になって帰ってきたこと、とても嬉しく思っています。ドラマの時よりもさらにスケールアップした世界が詰まっています。たくさんの方に楽しんでいただき、そして騙されて欲しいなと思っています。ありがとうございました!」とメッセージを送り、締めくくりました。

映画『コンフィデンスマンJP』は、5月17日(金)より全国ロードショーです!
ぜひご注目ください!!

(2019/05/08)