長澤まさみ 映画『キングダム』初日舞台挨拶に登壇!!

いよいよ封切りとなった映画『キングダム』の初日舞台挨拶が、4月19日(金)にTOHOシネマズ日比谷にて行われ、本作に出演する長澤まさみが登壇しました!

本作は、紀元前の中国春秋戦国時代を舞台に、大将軍になることを夢見る戦争孤児の少年・信と、中国統一を目指す若き王・嬴政の姿を、壮大なスケールで描いたエンターテインメント超大作!
長澤は、信らと行動をともにする美しき山界の王・楊端和役を演じています。

この日の舞台挨拶では、長澤のほか、山﨑賢人さん、吉沢亮さん、橋本環奈さん、本郷奏多さん、大沢たかおさん、そしてメガホンを取った佐藤信介監督が登壇しました。
キャスト・監督が観客席の通路からサプライズ登場すると、待ち望んだファンによる割れんばかりの拍手と歓声に包まれステージに登壇。

長澤は、「ようやく『キングダム』が始まったんだと実感しています。たくさんの人に届いて愛される映画になるといいなと思っています」と初日を迎えた喜びを語りました。

楊端和という原作でも人気のキャラクターを演じる上で、「絶対的な王であるということが、この役にとって重要なことでしたので、強さをどのように表現していくかを自分なりに考えて演じました」とコメント。さらに、アクションが多い現場での雰囲気については、「怪我と隣り合わせなので、緊迫した空気が流れていました。恐怖や不安が本番前に芽生えて、戦いの大変さや難しさを私自身も感じながら役を演じられたと思います」と真剣勝負で挑んだ様子を明かしました。

そして、本作は“夢”がひとつのキーワードということで、それぞれが描く“夢”が清書された額縁を、新元号を発表するごとく掲げることに。長澤は、“絶大なる信頼”と発表!理由として、「楊端和は、どんな時でも助けにきてくれるんじゃないかと期待される強さを持っているのが魅力なので、私もこうした信頼を持てる人になれたらいいなという想いです」と楊端和をリスペクトした夢を語ると、会場から拍手がわき起こりました。

映画『キングダム』は、全国劇場にて大ヒット上映中です!!
ぜひ劇場へお越しください!

(2019/04/19)