上白石萌音 ドラマ「記憶捜査~新宿東署事件ファイル~」囲み取材会に登壇!!

1月18日よりスタートするテレビ東京系の新ドラマ「記憶捜査~新宿東署事件ファイル~」の囲み取材会が、12日(土)に都内スタジオにて行われ、本作に出演する上白石萌音が登壇いたしました!

ドラマ「記憶捜査~新宿東署事件ファイル~」は、“刑事課司法係”を舞台、昭和と平成の街並みを完璧に記憶している主人公・鬼塚一路(北大路欣也さん)が、脳内に映像としてイメージされる“記憶の街”を振り返りながら、事件の解決に導いていく刑事ドラマ。
上白石萌音は、鬼塚の部下で、捜査への熱意が溢れる警察官・遠山咲を演じます。

この日の取材会では、上白石のほか、北大路欣也さん、風間俊介さん、石黒賢さんとともに登壇。司法係のセットが組まれた場所で、それぞれ役衣装を身にまとい登場しました。

刑事に強い憧れを持つ自身の役柄については、「猪突猛進な女性なので、皆さんの背中を追いながら勢いを足していければいいなと思っています」と意気込みを語りつつ、「被害者でも容疑者でも、その人の懐に入って聞き出せるところが魅力的なキャラクターなので、私自身も心を開いて臆せずに、でも図々しい嫌な女性にならないように演じることを心がけています」と役作りについてコメントしました。

また、主人公・鬼塚を演じる北大路欣也さんとの共演について聞かれると、「今でも演技中に目があった瞬間、『あ~、北大路さんだ』って思うくらい、こんなに近い距離感でご一緒できることが本当に幸せです。これまでのいろいろなお話を聞かせてくださったり、身体のことを気遣ってくださったりと、とても贅沢な時間を過ごしています」と、大先輩との共演に興奮を隠しきれない様子でした。

そして、本作の魅力について、勝野洋さんが演じる署長・烏丸将司のキャラクターがお気に入りのようで、「これまでの署長役のイメージとは違っていて、インパクトが強くて笑いを堪えるのに必死です(笑)刑事ドラマなので必ず事件が起こりますが、署長が出るシーンは毎回楽しんでいただけると思います」と見どころを紹介しました。

ドラマ「記憶捜査~新宿東署事件ファイル~」は、1月18日より毎週金曜20:00~放送!
そして、初回は2時間スペシャルです!

ぜひご覧ください!!

(2019/01/12)