くわばら ゆうこ

桑原 裕子

Yuko Kuwabara

  • お気に入り

桑原 裕子



プロフィール

  • 生年月日1976年7月19日
  • 出身地東京都
  • 身長162cm
  • 血液型B型
  • 学歴私立八王子高等学園 卒業
  • 趣味TVゲーム、海外ドラマ鑑賞、映画鑑賞
  • 特技歌、即興
  • 資格普通自動車第一種免許
  • サイズ靴:24cm

KAKUTA主宰。作・演出を兼ね、役者としては結成以後全本公演に出演。
阿佐ヶ谷スパイダース、双数姉妹、拙者ムニエル、オッホ、bird’s eye-view等、人気劇団への多数出演。生っぽい演技トーンと、キレのあるツッコミに定評あり。俳優業のほかに、PS2用ソフト『3年B組金八先生 伝説の教壇に立て!』のシナリオを手掛け、初めて手掛けた同作品のノベライズ小説『放課後の方程式』は読者から好評を博した。また若手劇作家の登竜門である『ラフカット2006』、教育テレビ『中学生日記』の脚本を手掛け、07年の劇団公演「甘い丘」は岸田國士戯曲賞の候補にのぼり、09年は近藤芳正氏プロデュース・バンダラコンチャの第1回の演出にも選出され、同じく09年には、映画「ランブリング・ハート」脚本も手掛け、同作には女優としても参加するなど、活動の場を拡げている。09年、劇団公演「甘い丘」(@シアタートラム)再演の作・演出で平成21年度(第64回)文化庁芸術祭芸術祭新人賞を受賞。

告知

■2018年4月より とよはし芸術劇場芸術文化アドバイザー就任!!
■十勝毎日新聞にて連載執筆中!

<お知らせ>

KAKUTA 第28回公演 『らぶゆ』

■作・演出 桑原裕子

■出演(敬称略)
みのすけ/松金よね子/成清正紀 若狭勝也 異儀田夏葉 四浦麻希 多田香織
谷恭輔 酒井晴江 置田浩紳 細村雄志 森崎健康 吉田紗也美・桑原裕子/
中村 中/小須田康人

■劇場・期間
2019年6月2日~9日/下北沢 本多劇場

■チケット発売
・劇団先行予約 3月14日(木)10時~24日24時 http://www.kakuta.tv/
※抽選先行となります。予約期間終了後にメールにて当選発表・入金先のお知らせをいたします。
・一般販売
2019年4月7日(日)12:00

■料金(全席指定/税込)
一般:5,500円 U-24(24歳以下):3,500円 ※要身分証提示・劇団のみ取り扱い
(※6/3、4日の回はサービスデー5,200円)

■チケット
・KAKUTA
http://www.kakuta.tv

・チケットぴあ
http://pia.jp/
TEL 0570-02-9999

・e+
http://eplus.jp/

・ローソンチケット
https://l-tike.com/
TEL 0570-084-003

・本多劇場 窓口販売のみ(11:00~19:00)
※0570から始まる電話番号はNTTナビシステムです。一部の携帯電話・PHS・IP電話・CATV接続電話からはご利用できません。
ご契約業者に接続可能かどうかご確認ください。

スケジュール

  • 十勝新聞『耕土興論』不定期連載(2013年~)

表彰

【2009年】
■平成21年度(第64回)文化庁芸術祭芸術祭新人賞を受賞<劇団公演「甘い丘」再演の作・演出>

【2015年】
■第18回鶴屋南北戯曲賞受賞<『痕跡』>

【2018年】
■第6回ハヤカワ悲劇喜劇賞受賞<『荒れ野』>

芸歴

映画

■2015年 
・『バケモノの子』(細田守監督/東宝)
・『人を乗せる〜But Life Goes On...〜』神田裕司監督(神は旧字体)

■2010年 
・『ランブリング・ハート』(村松亮太郎監督)

■2006年 
・『花田少年史』(水田伸生監督)

■2005年 
・法務省『裁判員制度〜もしもあなたが選ばれたら』中村雅俊監督

■2002年
・『月と雲』


【映画脚本】
■2013年
・山下達郎 クリスマス・イブ(30th Anniversary Edition)初回限定盤収録「クリスマス・イブ」新録ショートフィルム

■2009年
・『ランブリング・ハート』(村松亮太郎監督)

テレビ

【出演】
■2019年
・テレビ朝日系 「名探偵・明智小五郎」第1夜 出演(3/30)

■2013年
・テレビ朝日 土曜ワイド劇場「再捜査刑事・片岡悠介Ⅴ」

■2012年
・TBS 月曜ゴールデン「医師・円城寺修2 恨みの報酬」

■2010年
・フジテレビ 「フジテレビ開局50周年特別企画『わが家の歴史』第一夜」出演(河野圭太監督)

■2010年
・NHK教育 芸術劇場『目を見て嘘をつけ』
・NHK総合 土曜時代劇「桂ちづる診察日録『ちづるの縁談』第11・12回出演 おすが役(田中英治監督)

■2008年
・BSジャパン『BSえいせい魂〜いけない足し算A+B』
・フジテレビ『世にも奇妙な物語』(植田泰史監督)

■1999年
・日本テレビShin-D『出歯ガメ〜更衣室〜』


【ドラマ脚本】
・NHK 土曜時代ドラマ「ぬけまいる~女三人伊勢参り~」第3話
・テレビ朝日 土曜ワイド劇場「温泉マル秘大作戦!PART16」
・NOTTV 携帯ドラマ「三色丼めしあがれ 1985年版」脚本(2015/1/7配信)
・NHK教育 『時々迷々』30話いつわりのラブレター
・『NHK中学生日記(3)〜星は昼も輝く』(小説執筆)
・プレイステーション2『3年B組金八先生 伝説の教壇に立て!』(シナリオ参加)
・NHK教育テレビ『中学生日記』

ラジオ

・NHK FMシアター 劇作家シリーズ~「線路は曲がるよどこまでも」
・NHK FMシアター 第42回創作ラジオドラマ大賞 佳作「夕暮れ迷子」美花役
・NHK FMシアター 「となりの音女(オトメ)」脚本&出演(妹・弘美役)(佐々木正之監督)

舞台・イベント

■2019年
・ベッド&メイキングス 第6回公演「こそぎ落としの明け暮れ」アフタートーク(3/22)
・ 「たのかんさあレンジャー」出演(2/27-3/3 メディキット県民文化センター)

■2018年
・てがみ座 第15回公演『海越えの花たち』脚本:長田育恵 演出:木野花 @紀伊國屋劇場

■2017年 
・「俺節」@赤坂ACTシアター・オリックス劇場
・おふぃす3○○「鯨よ!私の手に乗れ」@シアタートラム

■2015年
・風琴工房 『無頼茫々』作・演出:詩森ロバ 9/12-20 下北沢ザ・スズナリ
・ペテカン 20周年記念公演第2弾vol.39「この素晴らしき世界」10/7-10/12 池袋・あうるすぽっと
・「ペール・ギュント」白井晃演出 緑衣の女 @KAATほか
・『あつ苦しい兄妹~港のふたり編~』作・演出:中島淳彦 @東京芸術劇場 シアターイースト

■2013年
・葛河思潮社第三回公演「冒した者」2013年9月〜10月@神奈川芸術劇場大スタジオ→吉祥寺シアター

■2012年
・道学先生「あつ苦しい兄弟」作・中島淳彦・桑原裕子/演出・中島淳彦・青山勝@座・高円寺1
・ブラジル「イエスタデイ」2012年1/18~1/22 @ザ・高円寺 

■2011年
・ブラジル「怪物」 ブラジリー・アン・山田演出 @駅前劇場

■2010年
・「ラクエン!」松村武演出 @銀河劇場
・タテヨコ企画「測量」出演@笹塚ファクトリー 
・MCR MITAKA”Next"Selection11th参加作品「神様さん」出演@三鷹芸術文化センター星のホール
・NsquareProduce 朗読劇「モスリラ」@SESSION HOUSE 林竜之介作・演出

■2009年
・鈴舟第3回ハートウォーミングホームドラマ「ベイビーフェイス」(作:太田善也 演出/堤泰之)@シアターサンモール
・ケイダッシュステージ『K』(作・演出/坪田塁)@赤坂ACTシアター

■2008年
・雷電第3回公演『雷電甲子園』(作/塩塚晃平・桑原裕子・太田善也 演出/堤泰之)@シアターサンモール
・ブラジル『軋み』(作・演出/ブラジリィー・アン・山田)@シアタートップス

■2007年
・G-upプロデュース『アリスの愛はどこにある』(作/ほさかよう 演出/板垣恭一)@新宿FACE
・ジェットラグプロデュース『夢顔』(作・演出/東憲司)@シアタートップス

■2006年
・こどもの城+ネルケプランニングプロデュース『南国プールの熱い砂』(作・演出/桑原裕子)@こどもの城 青山円形劇場
・ちからわざ『ランプ』(作/佐藤二朗 演出/堤泰之)@シアタートップス
・ブラジル『恋人たち』(作・演出/ブラジリィー・アン・山田)@王子小劇場

■2005年
・鈴置洋孝プロデュース『ムーンリバー』(作/桑原裕子 演出/堤泰之)@シアターサンモール
・グリング『カリフォルニア』(作・演出/青木豪)@新宿シアタートップス

■2004年
・ちからわざ『ポウズ〜さきわうためにできること』(作/佐藤二朗 演出/堤泰之)@新宿シアタートップス
・Bird‘s-eye view『girlgirlboygirlboy』(構成・演出/内藤達也)@三鷹芸術劇場・星のホール
・双数姉妹『ファンシー 〜スグルとマナブと奇抜な父と〜』(作・演出/小池竹見)@新宿シアタートップス

■2003年
・阿佐ヶ谷スパイダース『みつばち』(作・演出/長塚圭史)@スペースゼロ・近鉄劇場 ほか
・雷電第1回公演『雷電支度部屋』(作/桑原裕子・太田善也・塩塚晃平 演出/堤泰之)@「劇」小劇場

■2002年
・ペテカン『夢に落ちる』(作・演出/本田誠人)@下北沢駅前劇場
・birdユs-eye view『サウンドシステム』(構成・演出/内藤達也)@こまばアゴラ劇場

■2001年
・双数姉妹『エンゼルセット』

■2000年
・拙者ムニエル『星星瞳星キラリ』(作・演出/村上大樹)@スフィアメックス
・双数姉妹『双数姉妹〜神なきフタリの霊歌〜』

■1999年
・オッホ『興味がない』(作・演出/黒川麻衣)@新宿シアタートップス
・双数姉妹『some girls』
・双数姉妹『安門天』

■1998年
・双数姉妹『オクタゴン』(作・演出/小池竹見)@青山円形劇場ほか
・双数姉妹『オペレッタ〜王女Pの結婚〜』

■1997年
・プラチナペーパーズプロデュース・ラフカット'97『776』(作・演出/堤泰之)@スペースゼロ

■1994年
・青山演劇フェスティバル『転校生』(作・演出/平田オリザ)@青山円形劇場


【舞台脚本】
■2017年
・「荒れ野」作・演出 穂の国とよはし芸術劇場・北九州芸術劇場・SPACE雑遊

■2016年
・現代日本戯曲のリーディング公演「往転SLIP」シンポジウム<ソウル>参加
・北九州芸術劇場プロデュース「彼の地」作・演出 2/2-7北九州芸術劇場・2/12-14あうるすぽっと

■2014年
・演劇集団円公演 女流劇作家書下しシリーズ その2「朽ちるまにまに」作・演出@ステージ円
・北九州芸術劇場プロデュース「彼の地」作・演出 @北九州芸術劇場・あうるすぽっと

■2013年
・道学先生「暑苦しい兄弟」@座・高円寺
・トムプロジェクト「熱風」@赤坂レッドシアター

■2012年
・「星めぐりのうた」脚本・歌詞@天王洲銀河劇場

■2011年
・「往転」青木豪演出 @シアタートラム 

■2009年
・「いたずらなKiss~卒業編~」脚本 堤泰之演出 @博品館劇場

■2008年
・鈴舟『思い出のグリーングラス』

■2007年
・東京ヴォ-ドヴィルショー京極圭プロデュース『ビデオスターの悲劇』@中野ザ・ポケット(演出)

■2006年
・こどもの城+ネルケプランニングプロデュース『南国プールの熱い砂』(演出)
・『ラフカット2006』

■2005年
・鈴置洋孝プロデュース『ムーンリバー』


【舞台演出】
■2017年
・「荒れ野」作・演出 穂の国とよはし芸術劇場・北九州芸術劇場・SPACE雑遊

■2016年
・北九州芸術劇場プロデュース「彼の地」作・演出 2/2-7北九州芸術劇場・2/12-14あうるすぽっと

■2014年
・演劇集団円公演 女流劇作家書下しシリーズ その2「朽ちるまにまに」作・演出@ステージ円
・北九州芸術劇場プロデュース「彼の地」作・演出 @北九州芸術劇場・あうるすぽっと
・7月中旬~8月上旬 「ブロードウェイミュージカル ピーターパン」潤色・演出 @KAAT、東京国際フォーラムホールCほか

■2013年
・トムプロジェクト「熱風」脚本/演出 @赤坂レッドシアター

■2012年
・「ブロードウェイミュージカル ピーターパンNew Ver.」 潤色・演出!!

■2011年
・ブロードウェイミュージカル「ピーターパン」潤色・訳詞@東京国際フォーラム ホールC ほか

■2010年
・劇団東京ヴォードビルショー 京極圭プロデュースVol.3「RootBeers」作・演出@中野ザ・ポケット(脚本)

■2009年
・北九州芸術劇場リーディングセッションVol.14「甘い丘」@北九州芸術劇場 小劇場
・バンダラコンチャ「相思双愛」@紀伊國屋ホール

■2008年
・世田谷パブリックシアター 『日本語を読む~リーディング形式による上演~』(「彦六大いに笑ふ」

■2007年
・東京ヴォ-ドヴィルショー京極圭プロデュース『ビデオスターの悲劇』@中野ザ・ポケット(脚本)

■2006年
・こどもの城+ネルケプランニングプロデュース『南国プールの熱い砂』(脚本)

紙媒体

【小説】
・『放課後の方程式〜マミクミレミ三人歩記』

【エッセイ】
・pst08 特集 宣伝美術──演劇のグラフィズム 2012年
・群像『父の写真』2008年

【インタビュー】
■2017年
・図書 7月号
■2016年
・悲劇喜劇 5月号 第三回ハヤカワ「悲劇喜劇」賞選考会 「痕跡」
・QVol.51 彼の地 インタビュー
・1/26 西日本新聞 彼の地インタビュー

■2015年 
・悲劇喜劇 女性の演劇人特集 寄稿 
・ト書き54号 渡辺えりさんと対談
・3/18 産経新聞 痕跡 鶴屋南北戯曲賞インタビュー
・シアターガイド 3月号 わたしのペット自慢

■2014年 
・青山円形劇場MEMORIAL BOOK
・QVol.43 彼の地 インタビュー
・Nasse 彼の地

■2011年
・シアターガイド 2011年11月号

■2010年
・読売新聞 2010年5月21日版
・雑誌 BEST STAGE DECEMBER 2009 Vol.15 「クリエーターズインタビュー」
・WEB 文化放送 +F http://www.joqr.co.jp/plus-f/freak/index.html
・雑誌 悲劇喜劇 2010年 2月号 演劇時評 「甘い丘」掲載

ギャラリー