桑原裕子

オフィシャルBLOG メッセージを送る お気に入り

桑原裕子 写真

プロフィール

  • 生年月日1976年7月19日
  • 出身地東京都
  • サイズ162cm  靴24.0cm
  • 血液型B型
  • 趣味漫画・ゲーム、映画・海外ドラマ鑑賞、インドア全般
  • 特技水泳・歌
KAKUTA主宰。作・演出を兼ね、役者としては結成以後全本公演に出演。
阿佐ヶ谷スパイダース、双数姉妹、拙者ムニエル、オッホ、bird's eye-view等、人気劇団への多数出演。生っぽい演技トーンと、キレのあるツッコミに定評あり。
俳優業のほかに、PS2用ソフト『3年B組金八先生 伝説の教壇に立て!』のシナリオを手掛け、初めて手掛けた同作品のノベライズ小説『放課後の方程式』は読者から好評を博した。また若手劇作家の登竜門である『ラフカット2006』、教育テレビ『中学生日記』の脚本を手掛け、07年の劇団公演「甘い丘」は岸田國士戯曲賞の候補にのぼり、09年は近藤芳正氏プロデュース・バンダラコンチャの第1回の演出にも選出され、同じく09年には、映画「ランブリング・ハート」脚本も手掛け、同作には女優としても参加するなど、活動の場を拡げている。09年、劇団公演「甘い丘」(@シアタートラム)再演の作・演出で平成21年度(第64回)文化庁芸術祭芸術祭新人賞を受賞。
2015年『痕跡』で第59回岸田國士戯曲賞候補、第18回鶴屋南北戯曲賞受賞。


KAKUTAオフィシャルWEB

スケジュール

  • 『十勝毎日新聞』エッセイ不定期連載中!

芸歴

eiga

■「人を乗せる〜But Life Goes On...〜」神田裕司監督(神は旧字体) 2014年冬海外映画祭にて先行プレミア 2015年春以降日本公開予定

2015年 『バケモノの子』細田守監督
2009年 『ランブリング・ハート』村松亮太郎監督
2006年 『花田少年史』水田伸生監督
2005年  法務省『裁判員制度〜もしもあなたが選ばれたら』中村雅俊監督
2002年 『月と雲』

【映画脚本】
2009年 『ランブリング・ハート』

tv

■2012年
TBS 月曜ゴールデン「医師・円城寺修2 恨みの報酬」

■2011年
フジテレビ 「フジテレビ開局50周年特別企画『わが家の歴史」』第一夜」

■2010年
NHK教育 芸術劇場『目を見て嘘をつけ』
NHK教育 『時々迷々』30話いつわりのラブレター
NHK総合 「桂ちづる診察日録『ちづるの縁談』第11話」
NHK総合 「桂ちづる診察日録『女の幸せ』第12回」


【ドラマ】
2010年 フジテレビ「わが家の歴史」 河野圭太監督
2008年 BSジャパン『BSえいせい魂〜いけない足し算A+B』
2008年 フジテレビ『世にも奇妙な物語』
1999年 日本テレビShin-D『出歯ガメ〜更衣室〜』

【ドラマ脚本】
・『NHK中学生日記(3)〜星は昼も輝く』(小説執筆)
・プレイステーション2『3年B組金八先生 伝説の教壇に立て!』(シナリオ参加)
・NHK教育テレビ『中学生日記』

kami

■ 『十勝毎日新聞』エッセイ不定期連載中!

■「青山劇場メモリアルブック」インタビュー

【連載】
・ 十勝新聞社 十勝新聞『耕土興論』 2013年〜

【小説】
・『放課後の方程式〜マミクミレミ三人歩記』

【エッセイ】
・pst08 特集 宣伝美術──演劇のグラフィズム 2012年
・群像『父の写真』2008年

【インタビュー】
・『青山劇場メモリアルブック』インタビュー (2014年)
・雑誌 BEST STAGE DECEMBER 2009
  Vol.15 「クリエーターズインタビュー」
・WEB 文化放送 +F http://www.joqr.co.jp/plus-f/freak/index.html
・雑誌 悲劇喜劇 2010年 2月号 演劇時評 「甘い丘」掲載

hyousyou

■2015年
劇団KAKUTA公演「痕跡(あとあと)」(@東京・青山円形劇場)が、第18回鶴屋南北戯曲賞(光文文化財団主催)を受賞。

■2009年
劇団公演「甘い丘」(@シアタートラム)再演の作・演出で平成21年度(第64回)文化庁芸術祭芸術祭新人賞を受賞。

ギャラリー