今井清隆 「黒蜥蜴 -全美版-」囲み取材&公開ゲネプロに参加!!

6月2日(土)に初日を迎える、6月花形新派公演「黒蜥蜴 -全美版-」の囲み取材と公開ゲネプロが三越劇場で行われ、本作に出演する今井清隆が参加いたしました!

「黒蜥蜴」は、江戸川乱歩原作の怪奇ロマン小説で、これまでにも、舞台・映画・テレビドラマなど様々な形で愛されてきた本作。昨年2017年6月に新派として初めて上演され、奇想天外で華麗なトリックの連続と、変装や早替りを加えた演出は大きな衝撃をよびました。
数々の難事件を解決してきた名探偵・明智小五郎と、この世の美しきもの全てを手に入れたいと欲する女賊・黒蜥蜴が、国宝と称される宝石「クレオパトラの涙」を巡り、壮絶な戦いを繰り広げられる―。
本作で今井は、明智小五郎をライバル視しながらも、ともに黒蜥蜴を追い詰める警部・波多野十三郎を演じます。

前日に行われた囲み取材では、名探偵・明智小五郎を演じる喜多村緑郎さん、黒蜥蜴を演じる河合雪之丞さん、黒蜥蜴に誘拐される娘・岩瀬早苗役の春本由香さん、黒蜥蜴の手下・雨宮潤一役の秋山真太郎さんとともに登壇!
昨年に続き上演される本作で、新キャストとして参加する今井について、普段ミュージカル作品に出演することが多いため、喜多村さんは「僕の妻に話したら、『嘘よ、違う今井さんでしょ!』と言われました」と明かし笑いを誘いました。共演の感想として「ダンディーな方で稽古場を明るくしてくださるし、この会場で囁くように歌う今井さんの歌声は素晴らしいです。僕の癒しです」と称えられると、今井は照れたような様子を見せました。

稽古について問われた今井は、「こんなにハードな舞台になるとは夢にも思っていなかった(笑)立ち回りも多くて、客席も舞台裏も全力で走り回って、喜多村さんは足が早いので追いつかなくて…。観てくださるお客さんには楽しんでいだけると思います」とコメント。
また、歌唱シーンについて、「大きい会場だとマイクを使いますが、この三越劇場では生の声で聞いていただけます」と、自身の見どころをアピールしました。

「黒蜥蜴 -全美版-」は、三越劇場にて2018年6月2日(土)~6月23日(土)で上演となります。
ぜひ劇場へお越しください!!

(2018/06/01)