つかさ ようこ

司 葉子

Yoko Tsukasa

  • メッセージを送る
  • お気に入り

司 葉子



プロフィール

  • 本名相沢 葉子
  • 生年月日1934年8月20日
  • 出身地鳥取県
  • 血液型AB型
  • 学歴共立女子短大 卒業<1954年>

1954年共立女子短大卒業後、大阪の新日本放送(現・毎日放送)に勤務。同年、『家庭よみうり』の表紙を飾ったのがきっかけでスカウトされ東宝と契約。映画『君死に給うことなかれ』でデビュー。1966年、映画『紀川』で第40回キネマ旬報賞主演女優賞、第9回ブルーリボン主演女優賞など、その年の演技賞を独占した。1969年、元衆議院議員の相沢英之氏と結婚。1999年、日本大正村の村長に就任。

表彰

【1966年】
■第40回キネマ旬報賞 主演女優賞(映画『紀川』)
■第9回ブルーリボン賞 主演女優賞(映画『紀川』)

芸歴

映画

■2018年
・『MIFUNE:THE LAST SAMURAI』(スティーブン・オカザキ監督/LDH pictures) 5月12日公開 

■2003年   
・『福耳』(東宝)

■1992年
・『勝利者たち』(東宝)

■1986年
・『愛の陽炎』(松竹)

■1954年  
・『君死に給うことなかれ』(東宝)デビュー

■1955年  
・『不滅の熱球』(東宝)
・『雪の炎』(東宝)

■1956年  
・『日蝕の夏』(東宝)

■1956〜70年 
・『社長』シリーズ(東宝)

■1957年  
・『美貌の都』(東宝)

■1981年    
・『ブルージーンズメモリー』(東宝)

■1980年    
・『遥かなる走路』(東宝)

■1978年
・『女王蜂』(東宝)

■1977年
・『獄門島』(東宝)

■1974年    
・『流れの譜』(松竹)
・『ノストラダムスの大予言』(東宝)

■1971年
・『父ちゃんのポーが聞こえる』(東宝)

■1967年
・『上意討ち』(東宝)
・『乱れ雲』(東宝)

■1966年   
・『ひき逃げ』(東宝)
・『紀の川』(松竹)*キネマ旬報女優賞、ブルー・リボン主演女優賞、日本映画記者会賞最優秀女優賞、毎日映画コンクール女優主演賞など映画賞独占

■1961年
・『別れて生きるとも』(東宝)
・『用心棒』(東宝)
・『小早川家の秋』(宝塚映画)

■1960年
・『青い野獣』(東宝)
・『秋日和』(松竹)

テレビ

■2018年
・BSテレ東 「武田鉄矢の昭和は輝いていた」ゲスト出演(10/26)

■2016年
・BS朝日 『徹子の部屋』(再放送)
・テレビ朝日 『徹子の部屋』

■2015年
・BSジャパン 『日本を動かした5人のキーパーソン』

■2014年
・テレビ朝日 『徹子の部屋』

■2013年
・テレビ東京 『L4you』
・BSジャパン 『辰巳拓朗の葡萄酒浪漫』
・CS 日本映画専門チャンネル『日本映画レトロスペクティブ』

■2012年
・テレビ朝日 『徹子の部屋』

■2011年
・NHK総合『おひさま』26週  
・NHK BS2 『俳優池部良〜各女優が語る二枚目スターの真実』

■2008年
・フジテレビ 『サキヨミLIVE』
・テレビ東京 『いい旅・夢気分』

■2007年
・NHK総合 『素敵にガーデニング』

■1995年  
・『知ってるつもり』NTV 他

■1994年  
・『おじいちゃんの台所』TX

■1993年  
・『天使が街にやって来た』NHK・『世界馬紀行』TX ナレーション

■1992年  
・日本名作ドラマ『斜陽』TX

■1991年  
・『おやじのヒゲ 12』TBS

■1990年  
・新春ドラマスペシャル『和宮様御留』ANB

■1989年  
・新春ドラマスペシャル『結婚行進曲』CX

■1988年  
・木曜ゴールデンドラマ『銀婚離婚』YTV

■1987年  
・秋のドラマスペシャル『恋人よ我に帰れ!』ANB

■1986年  
・松本清張サスペンス『隠花の飾りー見送ってー』KTV

■1983年  
・『尾道千光坂登り口』MTV

■1982年  
・『功大好き』TBS
・『女たちの大阪城』YTV

■1981年
・『山肌』 CX
・『なにわの源蔵事件帳』NHK

■1977年  
・『白い波紋』 TBS

■1973年  
・『てんつくてん』NTV

■1971年  
・『春の坂道』 NHK

■1969年  
・『めし』 NHK

■1967年  
・『石狩平野』 CX

■1964年  
・『春の人』TBS    

ラジオ

■2014年
・TBS『大沢悠里のゆうゆうワイド』

舞台・イベント

■2018年
・「第10回船堀映画祭」トークゲスト出演(11/11タワーホール船堀)

■2016年
・カルチャーよみうり横浜『秋日和』トークショー

■2014年
・有吉佐和子没後30周年記念『紀ノ川』(三越劇場 他)

■2013年
・『花はらんまん』(三越劇場)

■2011年
・『女の一生』(三越劇場・南座 他)

■2010年
・『空よ、海よ、わが母よ』(御園座)

■2009年
・『女の一生』(三越劇場 他)

■2005年  
・『おんなたちの同窓会』(名鉄ホール)

■2002年   
・『風まかせ女まかせ』(名鉄ホール)

■2000年   
・『女はおんな』(名鉄ホール)

■1999年   
・『午後の遺言状』(東京芸術劇場、大阪近鉄劇場)

■1998年   
・『いまが女ざかりールームメイツー』(名鉄ホール)

■1997年   
・『いまが女ざかりールームメイツー』(芸術座)

■1996年   
・『女王蜂』(名鉄ホール)

■1995年   
・『花の円舞曲』(三越劇場)

■1992年   
・『明治太平記』(帝劇)
・『愛と胡瓜』(三越)
・『孤愁の岸』(飛天)

■1989年   
・『孤愁の岸』(帝劇)
・『星降る里』(東宝、中日)
・『女坂』(近鉄)

■1988年  
・『女坂』(帝国劇場)
・『孤愁の岸』(御園座)
・『眠狂四郎』(新歌舞伎座)
・『女たちの夢』(中日劇場

■1987年  
・『遥かなり山河』(帝劇、中日)
・『一弦の琴』(名鉄、北陸巡業)

■1986年  
・『恋歌』(帝国劇場)
・『一弦の琴』(九州,山陰)

■1983年  
・『喧嘩三味線』(帝国劇場)
・『絵島生島』(中座)

■1981年  
・『一弦の琴』(帝国劇場)
・『大門字屋の嫁』(帝国劇場)

■1980年  
・『和宮様御留』(東京宝塚)

■1978年
・『紀の川』(帝国劇場)

■1968年
・『徳川の夫人たち』(東京宝塚)

■1967年
・『華岡青洲の妻』(芸術座)
・『明治百年』(東京宝塚)

■1963年   
・『丼池』(芸術座)

■1958年  
・『海抜二三〇〇米』(芸術座)初舞台
・『人間の条件』(芸術座)
・『がめつい奴』(芸術座)

ギャラリー