SEARCH

閉じる

カテゴリー

NEWS

ニュース

上白石萌歌 NHK連続テレビ小説「ちむどんどん」出演決定!


2022年度前期より放送がスタートする連続テレビ小説「ちむどんどん」に、上白石萌歌が出演することが発表となりました!

沖縄が本土復帰50年を迎える2022年。
沖縄に生まれ育ったヒロインと兄妹たち家族の姿が描かれます。

物語の舞台は1960年代。アメリカ軍の統治下にある沖縄。
沖縄本島北部の自然豊かな地域「やんばる地方」には、サトウキビなどの農家を営む比嘉家が暮らしていました。
父、母、3人の兄妹と暮らすヒロイン・次女の暢子は、家族の中でも食べること、美味しいものが大好きで、家族そろって食事をし、生まれて初めて食べた西洋料理に心を奪われます。
そんなある日、優しい父が急逝し、一家に辛い運命が訪れます。
残された母は女手一つで働き、経済的に苦しい中で四人の子供たちを育てます。働く母を支えるために子供たちはそれぞれに家事を担当。暢子は料理を担います。
月日は流れ、高校卒業を迎えた暢子は「西洋料理のシェフになりたい」と夢を抱き、本土復帰と共に上京し、厳しい修行の日々を送ります。同時に兄妹たちも、それぞれの道を歩みだし、気持ちがすれ違うこともありながら、昔から共に食べてきた故郷の料理、そして家族の思い出が兄妹の絆をつなぎ、いつしか暢子は「東京で沖縄料理の店を開きたい」と思いはじめます━━。

上白石は、比嘉家の末娘・ヒロイン暢子の妹<比嘉歌子>を演じ、本作「ちむどんどん」で連続テレビ小説初出演を飾ります。

【上白石萌歌コメント】
連続テレビ小説「ちむどんどん」にて、三女<比嘉歌子>を務めることになりました。
長年の夢であり目標であった連続テレビ小説で私の名前の一部である“歌”のつく役を演じさせていただけること、なにか大きな運命を感じます。歌子は幼いころから体が弱く恥ずかしがり屋、一方で歌を心の底から愛している女性です。私も歌子も歌によって生かされているということから、深く繋がっていけそうな予感が今からしています。

連続テレビ小説「ちむどんどん」は2022年春、放送予定です。
是非、ご注目ください!

一覧へもどる