SEARCH

閉じる

カテゴリー

NEWS

ニュース

沢口靖子・石井一彰 ドラマ『科捜研の女』season20 放送決定!

沢口靖子が主演を務め、石井一彰も出演する人気長寿シリーズのドラマ『科捜研の女』が、記念すべき<season20>に突入し、2020年10月より放送されることが発表となりました!

京都府警科学捜査研究所(通称・科捜研)の法医研究員・榊マリコを中心とした、ひと癖もふた癖もある研究員たちが、法医、物理、化学、文書鑑定などの専門技術を武器に事件の真相解明に挑む姿を描いた本作。最新の科学捜査テクニックと、豊饒な人間ドラマが絡みあうハイクオリティーなミステリーです。
沢口靖子は主人公の榊マリコ役を、石井一彰は蒲原勇樹役を演じます。

シリーズ20周年となった前シーズンでは、1年間のロングラン放送を完遂し話題となりました。
今回も、前シーズンに引き続き、マリコとクセのある女性たちの対決が繰り広げられます。また、毎回注目を集める”衝撃的なマリコのワンカット”も見どころのひとつで、《絶壁にぶら下がり、絶体絶命のマリコ》《マリコ激辛にチャレンジ!?》など、新しいマリコにも要注目です!

【沢口靖子コメント】
毎シーズン、新たな気持ちで取り組んでいますが、『season20』がはじまると聞いたときは“またマリコに会える!”という喜びでいっぱいになりました。科学一辺倒だったマリコはこの20年間で、人間をやさしく見つめる女性に成長しました。変わらないのは、真実を突き止めようという姿勢ですね。私自身もこの20年間で脚本を深く読み込むようになりましたが、作品に向き合う姿勢は変わっていないと思っています。
最新シーズンでは、最先端の科学捜査や深みのある人間ドラマはこれまでと変わりませんが、新型コロナウイルスとともに生きる今の世界を踏み込んで描いています。劇中でもソーシャルディスタンスを保つなどの取り組みを行っていますが、登場人物たちが距離を置くことでいい緊張感が生まれたり、ラボのセットを広く活用することでこれまでよりもレギュラーメンバーの個性が生きてきたり…と思いがけず新しさを感じています。
新たな“衝撃的なマリコのワンカット”や最新科学鑑定も登場しますし、視聴者のみなさんも新しさをも感じられるシーズンになるのではないかと思っています。ぜひ、『season20』にご期待ください。

2020年10月より、テレビ朝日系にて毎週木曜20:00~放送です。
ぜひお楽しみに!!

一覧へもどる