七瀬公 映画『ミッドナイト・バス』初日舞台挨拶に登壇‼

2018.01.27

写真1

本日都内にて映画『ミッドナイト・バス』公開初日舞台挨拶が行われ、七瀬公と、主演の原田泰造さん、山本未來さん、小西真奈美さん、舞川みやこさん、長塚京三さん、竹下昌男監督が登壇しました!

本作は、直木賞候補の傑作ヒューマンドラマ、伊吹有喜の同名小説「ミッドナイト・バス」(文春文庫刊)を完全映画化。長距離深夜バス運転手でバツイチの高宮利一(原田泰造さん)が、16年前に別れた妻(山本未來さん)と偶然再会したことから、男として父親として家族や恋人(小西真奈美さん)と向き合いながら、新たな一歩を踏み出していく姿を重厚な演出で描き出す作品となり、撮影はほぼ全編新潟ロケを敢行され、白鳥の郷や雪景色など、新潟の美しい風景が刻まれています。

 舞台挨拶の冒頭、七瀬は「先日、新潟で公開され、本日全国公開初日を迎えられてとても嬉しいです。」と挨拶しました。七瀬は原田泰造さん演じる高宮利一の息子・高宮怜司役を演じることについて、「僕は母子家庭で、怜司と重なる所が原作を読んだときあり、そこを大事にしようと思いました。親への感謝を伝えられる役だなと思ったので、泰造さんを親と重ねて愛をぶつけました(笑)。」と原田さんとの親子役エピソードを話しました。
原田さんも「七瀬くんは本当に息子としてぶつかってくれて、僕もそれをしっかり受け止めました!本当にかわいい子です。」とコメントされました。
七瀬はオーディションで本役を勝ち取り、竹下監督は「七瀬くんはワークショップを2日やらせていただき、3日目にオーデイションをしました。今よりはふっくらされていて、最初はそのビジュアルの感じが良いなと思って、ただ全体のバランス的に玲司に向いているなと思い、選ばせていただきました。」とコメントされました。

それぞれの人生の“夜”を越えていく人々を描き出したヒューマンストーリー、
映画『ミッドナイト・バス』ぜひ劇場でご覧ください!


(2018/1/27)

写真2