長澤まさみ ショーパール「ザ・クィーン・オブ・カラハリ」お披露目イベントにゲストとして登場!!

2017.10.02

写真1

本日、都内で行われたショパール「ザ・クィーン・オブ・カラハリ」お披露目イベントに、長澤まさみがゲストとして登壇いたしました!

約1年半前にアフリカのボツワナ、カロウェ鉱山で発見された342カラットのダイヤモンド原石。その原石を、23石のダイヤモンドにカットし、熟練職人の手により紡ぎ合わされ完成したジュエリーの中から、ネックレス、腕時計、イヤリング、指輪の4点(計264カラット)を身に付けて登場した長澤。
「とても緊張しています。時計はダイヤモンドがいくつも重なって、一見レースに見えるような複雑なデザイン。すごいものを着けさせていただいているので、うれしい思いでいっぱいですし、ピュアな気持ちにもなれます」と笑顔で語りました。
“自身にとってジュエリーとは?”と問われると、「自分以上の人間になれたような気がする、そんな自分の格を上げてくれるものであり、自分に自信を持たせてくれるものであり、夢を見させてくれるものであるのかなあと思いますね。五感を動かされる感じがして、特別なものだと思います」と笑顔を見せました。
また、以前ショパールのジュエリーを身に着けて参加したカンヌ国際映画祭の雰囲気を尋ねられると、「パーティーに参加させてもらったんですけど、映画祭としての映画のほかに、建築だったり、ファッションだったり、芸術のお祭りみたいになっているところだったので、自分が思っていた印象と違った側面もありました」と回顧。その際にジュエリーのショーも見たとのことで、「自分の普段の生活からは思いもしないような世界がそこには広がっていて、私は女として生まれてきて、綺麗なものを見ると“綺麗だなぁ!”って思える感情や楽しさをそのパーティーで感じさせてもらいました。あのお祭りにはいろんな明るく元気なパワーが集まっているんだなと思いました」と目を輝かせました。

(2017/10/02)

写真2