浜辺美波 映画『センセイ君主』完成披露イベントに登壇!!

8月1日(金)より公開する、映画『センセイ君主』のスペシャルステージイベント&完成披露舞台挨拶が、6月18日(月)に六本木ヒルズアリーナおよびTOHOシネマズ六本木ヒルズにて行われ、本作にヒロインとして出演する浜辺美波が登壇いたしました!!

映画『センセイ君主』は、幸田もも子さんによる人気コミックスが原作。
イケメンで頭脳明晰だけど冷徹でヒネクレ者の高校教師・弘光由貴(竹内涼真さん)と、おバカだけど恋に恋するパワフルなヒロイン・佐丸あゆは(浜辺美波)の、ちょっぴり”禁断な恋”をハイテンションでコミカルに描いたラブストーリー!

この日は、主人公・弘光先生を演じた竹内涼真さん、あゆはの幼馴染・澤田虎竹役の佐藤大樹さん、あゆはの親友・中村葵役の川栄李奈さん、弘光先生の幼馴染で有名ピアニスト・秋香役の新川優愛さん、メガホンをとった月川翔監督とともに登壇しました。

六本木ヒルズアリーナで行われたスペシャルステージイベントでは、待ちわびていたファンからの大歓声を受けて、キャスト・監督が登場!
ハイテンションなヒロインを演じる上での役作りについて聞かれると、「少しでも戸惑いがあると出てしまうので、台本を開く前に羞恥心を捨てました。『変顔でも何でも来い!』という思いで挑みました」と、当時の覚悟を語りました。竹内さんから「本読みのときから振り切っていてビックリしました」と言われると、「こんなに攻められたのも、竹内さんが先生だったからです」と返答し、お互いを称賛し合っていました。

さらに、浜辺が演じるあゆはのシーンでどこが笑えたかという話題に。
竹内さんが、あゆはのものまねシーンを挙げると、浜辺は「ものまねは気合で乗り切りました!助監督さんがものまね指導をしてくださって。似てなかったら私の努力不足です」と話し、期待感を煽りました。月川監督は「(浜辺は)頼んでいないことも、たくさんやってくれたからビックリしました」と話すと、川栄さんも「みーちゃん(浜辺)の口の中をこんなに見られることはないな、と思うくらい振り切っています」と明かしました。浜辺は、変顔を鏡の前で練習したようで、「小さい頃から培われた浜辺家の血をここで発揮しました」とコメントし、会場からの笑いを誘いました。

そして、恋愛に対して、あゆはのような“肉食系”か、弘光先生や虎竹のような“草食系”かを聞かれると、浜辺は「弘光先生や虎竹よりも低レベルの草食動物です。草も食べたくないくらいです」と話すと、竹内さんから「プランクトンとかで大丈夫なんだね」と突っ込まれ、役柄さながらの絶妙な掛け合いを見せました。

最後に「日本の恋を明るくすると謳っていますが、本当にその通りの映画です。明るくなるし、元気になるし、ハッピーになる映画です。公開まで楽しみにしていてください」とメッセージをおくり、イベントを締めくくりました。

続いて、TOHOシネマズ六本木ヒルズに場所を移して、本編上映前の舞台挨拶が行われました。
今日を迎えた感想で、「あっという間ですね。この楽しい映画を観て欲しいと思っていたので、こんなにたくさんの方に観ていただけることが嬉しいです。このスクリーンに入ってきたら食べ物のいい匂いがしましたが、この映画は食べながら観るのは大正解だと思います!」とコメント。

さらに注目シーンについて、浜辺は「美しくて憧れの女優さんなのですが…北川景子さんが出演してくださっているんです!ぜひ注目してください」と特別出演を発表し、会場を驚かせました。

映画『センセイ君主』は、8月1日(金)より全国にて公開です!!
ぜひお楽しみに!!

(2018/06/18)