上白石萌音・上白石萌歌 映画『羊と鋼の森』公開初日舞台挨拶に登壇!

映画『羊と鋼の森』の初日舞台挨拶が、6月8日(金)、TOHOシネマズ 日比谷にて行われ、本作に出演する上白石萌音と上白石萌歌が登壇いたしました!!

映画『羊と鋼の森』は、2016年に本屋大賞第1位を獲得した宮下奈都さんの原作小説の映画化。
北海道の田舎で育った主人公・外村直樹(山﨑賢人さん)は、ピアノの調律師・板鳥宗一郎(三浦友和さん)が調律したピアノの音に“森の匂い”を感じ、その仕事に魅せられて調律の世界に入った外村が、いろいろな壁にぶつかり葛藤しながらも成長していく物語。萌音・萌音は、ピアニストの姉妹《佐倉和音》《佐倉由仁》を演じています。

この日、初日を迎えた本作の舞台挨拶では、山﨑賢人さん、鈴木亮平さん、光石研さん、三浦友和さん、そして橋本光二郎監督とともに登壇。
冒頭の挨拶では、萌音は「姉妹ではじめて共演することが決まって、撮影しているときは公開されるのはもっともっと先のことだと感じていましたが、思ったよりあっという間にこの日がきて、現実味がないフワフワした気持ちです。でもすごく嬉しく思います」と話すと、萌歌も「私にとって宝物のような作品を、皆さんに観ていただけてとても嬉しいです。皆さんにとっても宝物のような作品になっていただけたらいいなと思います」と、メッセージをおくりました。

また、萌音・萌歌のご祖父母は、本作を観ることを楽しみにしていたようで、萌音は「ようやく祖父母が観てくれるんだなと思うと、すごく嬉しいです」と喜びを語りました。

舞台挨拶では、劇中の“ピアノ調律師”にちなみ、自身の調律したいことをフリップで披露することに。
萌音は「“体内時計”です。最近夜型になってしまって、仕事だと起きれるのですが、お休みの日は朝起きれなくて。もったいないなって思うので、戻したいです!」と話すと、萌歌から「早く起きてください!」と姉妹らしく突っ込まれるひとコマも。
続いて披露した萌歌は、「“直感型な性格”を調律したいです」と宣言。洋服を迷わずにすぐに買ってしまうようで、「家に帰ってから、これ違ったかなということがよくあるんです…」と明かすと、山﨑賢人さんも同調して、「家とお店ではライティングと違うから、『あれ?』と思います」と意気投合。

そして、“観る人の背中をそっと押してくれる映画”にちなみ、背中を押してくれた人について問われると、ふたり揃ってお互いの存在が支えになっていることを明かし、「どうも!」「ありがとうございます!」とお互い照れながら感謝の気持ちを伝えました。

舞台挨拶の最後には、原作者・宮下奈都さんからの手紙が披露され、キャスト・監督全員が公開を迎えた喜びをかみ締めた様子でした。

映画『羊と鋼の森』は、全国にて大ヒット上映中です!
ぜひ劇場でご覧ください!!

(2018/06/08)