長澤まさみ 映画『50回目のファーストキス』公開御礼舞台挨拶に出席!

長澤まさみが、6月3日(日)、都内で行われた映画『50回目のファーストキス』の公開御礼舞台挨拶に、共に主演を務める山田孝之さんと参加。途中、福田雄一監督がサプライズで登場し、長澤の31回目の誕生日を祝福してくれました。

ハワイのオアフ島を舞台に、事故による後遺症で新しい記憶が1日で消えてしまう短期記憶障害を抱える瑠衣(長澤)と、そんな彼女に一目惚れした元プレイボーイのツアーコーディネーター・大輔(山田さん)との一生に一度の恋を描く大人のラブストーリー。

この日を含め、2日間で12回舞台挨拶を行った長澤がその感想を話している最中、バースデーソングと共に大きな花束を持った福田監督がサプライズ登場。本作に登場する黄色い車をあしらった特製バースデー・ケーキも用意され、長澤は「昨日から散々祝ってもらっているのに、お忙しい中すみません。目頭が熱くなりました」と感激。2人からの祝福の声に「これからも楽しく元気に生きていきたい」と抱負を口にしました。

そして、『50回目のファーストキス』というタイトルにかけて、Twitterで寄せられた質問に2日間で<50問>に答えるコーナーが行われました。「大好きゆえに失敗したことは?」との質問に、長澤は「好きな人の前に行くと失敗する。憧れの人に会うと何を喋ったか覚えてないくらい照れちゃう」と自らの体験談を紹介。

また「やる気の出し方」を聞かれると「無駄なところを頑張らないようにする。いつも同じように神経を張り詰めていると、疲れて集中力も下がってしまうので。一番大事なところだけに力を入れるようにしています。集中しないでもいい時はボ~ッとしましょう!」と上手なオンオフの切り替えをアドバイスしました。

映画『50回目のファーストキス』は全国で大ヒット公開中です。
ぜひ劇場でご覧ください!

(2018/06/03)