朝夏まなと・今井清隆 ミュージカル「マイ・フェア・レディ」製作発表記者会見に登壇!

2018年9月にスタートするミュージカル「マイ・フェア・レディ」の製作発表記者会見が、5月24日(木)に帝国ホテルで行われ、本作に出演する朝夏まなとと今井清隆が登壇しました!

ミュージカル「マイ・フェア・レディ」は、心躍る珠玉の名曲の数々とともに再演を重ね、ミュージカル史に燦然と輝く不朽の名作。日本での初演から55周年の節目となる今年、新しいプリンセスを迎えて帰ってきます!!
物語の舞台はロンドン。下町の花売り娘・イライザが、言語学者・ヒギンザ教授のレッスンで見違えるように麗しい貴婦人に変貌を遂げて社交界デビューを飾るが、教授にとって研究対象にしか見られないことに悩み、彼のもとを去ってしまうー。
宝塚退団後、本作で初主演を果たす朝夏まなとが、ダブルキャストの神田沙也加さんとともに、貧しい花売り娘のイライザを演じます。そして、今井清隆は、娘を愛しつつも酔っ払って迷惑ばかりかけてしまう父アルフレッド・ドゥーリトルを演じます。

この日行われた会見では、冒頭にイライザ役の朝夏と神田沙也加さんによる歌唱披露が行われました。朝夏は、イライザの気品あふれる衣装をまとってステージに登場!教授の特訓で上品な言葉遣いを習得したイライザが、嬉しさと感動を弾けさせながら歌うナンバー『じっとしていられない』を、貴婦人らしい華麗なオーラで歌い上げました。

続いて行われた会見では、朝夏や今井とともに、同じくイライザを演じる神田沙也加さん、ヒギンズ教授役の寺脇康文さん・別所哲也さん(ダブルキャスト)、ピッカリング大佐役の相島一之さん、フレディ役の平方元基さん、ヒギンズの母役・前田美波里さん、そして演出を手がけたG2さんが登壇!キャスト陣がそれぞれの役衣装で登場すると、会場は一気に華やぎ、招待された約200名のオーディエンスからは盛大な拍手が送られました。

朝夏は冒頭で、「昨年11月に宝塚を退団してから初めてのミュージカルですが、伝統ある素晴らしい作品で光栄です。女優として今までと全く違うことに挑戦していきますが、不安とワクワクでいっぱいです。勉強させていただきながら頑張っていきます」と挨拶。
今井は「いい加減な親父の役なので、私には向いていないというか。私はこう見えて真面目に生きている人間なので、役作りが大変だなと(笑)。コメディは真面目な人しかできないと、コメディアンの益田喜頓さんが仰っていたというのをG2さんから聞いて、ちょっと安心しました」と話すと、会場からは笑いが沸き起こりました。

また、どのようなイライザを作っていきたいか問われると、朝夏は「私は初心者マークなので、体当たりでG2さんや共演者の皆様にぶつかりながら、稽古を重ねる中で自分らしいイライザを見つけていきたいです」と意気込みを語りつつ、「イライザはとてもチャーミングな方という印象を受けたので、そこをベースに作っていきたい」と役へのイメージを話しました。

そして、朝夏が演じるイライザの魅力について問われた教授役の寺脇さんは、「宝塚を退団されたばかりで、男役のトップでしたから、がさつなイライザは二重丸でできると思うんです。淑女になってからのイライザに不安を持っていらっしゃるようなので、お酒でも飲みながら一緒に作り上げていきたい」と話すと、朝夏も笑いながら大きく頷いていました。

ミュージカル「マイ・フェア・レディ」は、2018年9月16日(日)より上演です。
ぜひご注目ください!!

<公演情報>
■東京:2018年9月16日(日)~30日(日)/東急シアターオーブ
■福岡:201810月6日(土)・7日(日)/久留米シティプラザ
■広島:2018年10月10日(水)・11日(木)/上野学園ホール
■大阪:2018年10月19日(金)~21日(日)/梅田芸術劇場
■愛知:2018年10月24日(水)・25日(木)/日本特殊陶業市民会館
■大分:2018年10月31日(水)・11月1日(木)/iichiko総合文化センター・iichikoグランシアタ
※詳しくは作品公式サイトをご覧ください。

(2018/05/24)