上白石萌歌 映画『羊と鋼の森』の特別試写会で、天皇皇后両陛下とともに鑑賞!

5月24日(木)、映画『羊と鋼の森』の特別試写会がTOHOシネマズ 六本木ヒルズにて行われ、主人公・外村直樹を演じた山﨑賢人さん、橋本光二郎監督、原作者の宮下奈都さん、そしてエンディングテーマのピアノ演奏を担当するピアニスト・辻井伸行さんとともに、ピアニストの高校生を演じる上白石萌歌が参加いたしました。

この特別試写会では、天皇皇后両陛下をお出迎えし、一緒に映画本編を鑑賞。映画の鑑賞後には、両陛下との懇談の時間が設けられたそうで、その後行われた報告会で、両陛下と交わされたお話について語られました。

上白石萌歌は、「とても緊張しましたが、私にとって大事な作品を両陛下にご覧いただけて光栄です。濃縮された素敵な時間でした」とコメント。
また、「映画の撮影に入る半年前からピアノをはじめました」と話したところ、皇后陛下から「全くそうは見えませんでした」と感想を伝えられたそう。
さらに、共演している姉・上白石萌音の話題におよび、上白石の姉妹と同様、皇后陛下の妹様も皇后陛下より身長が高いそうで、「うちも同じですよ。お姉様にもよろしくお伝えください」と声を掛けられたことを明かしました。

映画『羊と鋼の森』は、2016年「本屋大賞」を受賞し、累計発行部数110万部を超えるベストセラー小説の実写映画化。ピアノの調律に魅了され、ピアノと繋がる多くの人と出会い成長していく青年の物語です。6月8日(金)より全国公開です。

ぜひご注目ください!

※辻井伸行さんの辻は1点しんにょうが正式表記

(2018/05/24)