高嶋政伸 新ドラマ「TWO WEEKS」制作発表会見に登壇!!

7月16日(火)よりスタートする、カンテレ・フジテレビ系の新火9ドラマ「TWO WEEKS」の制作発表会見が、7月10日(水)に都内会場にて行われ、本作に出演する高嶋政伸が登壇しました!

本作は、殺人の濡れ衣を着せられた男が、初めて出会った白血病を患う8歳の娘の命を救うために、決死の逃亡を繰り広げる2週間のタイムリミットサスペンス。
高嶋は、実業家・柴崎要役を演じます。

この日の会見では、高嶋のほか、三浦春馬さん、芳根京子さん、比嘉愛未さん、三浦貴大さん、稲垣来泉さん、黒木瞳さんが登壇。
これまでにも悪人役は多々演じてきた高嶋は、「台本を読んだ瞬間に、“毒蛇”のような男だなと思いまして…撮影中は人の道ではなく“蛇”の道を突き進みたいと思います」と宣言すると、会場は笑いに包まれました。

実際に柴崎役を演じることについて、「春馬さんは20代なのに成熟されていて優しい方ですし、芳根さんは、僕が美味しいカレー屋さんがあるというと、すぐに『昨日行ってきました!』と報告してくれる素敵な方なんです」と話し始めると、「そういう風に素敵だなと思うと、僕も優しさが出てしまうんです。なので、世界の最強犯罪集のようなDVDを見て、凶悪犯罪者の目が笑っていない笑顔を参考しました」と役作りについて明かしました。
三浦春馬さんも、その笑顔を間近で見て、「身に纏っているオーラが生々しくて、現場でも目の当たりにしましたが、画面からも充分に迫力が伝わると思います」と絶賛されると、恐縮した様子を見せました。

緊迫感溢れる作品の撮影期間中、モチベーションを維持する秘訣を聞かれると、「子どもですかね。2歳になるんですけど、最近『とうたん、とうたん』と言ってくれて、あまりにも連呼するので、ふと見たら、象さんのぬいぐるみを持っているんですよ。“とうたん”の9割は象さんなんです」と微笑ましいエピソードを披露しました。

ドラマは、7月16日(火)より、カンテレ・フジテレビ系にて、毎週火曜21:00~放送です!
ぜひご覧ください!!

(2019/07/10)