上白石萌音 ミニアルバム「i」(アイ)リリースイベントに登場!!

7月10日(水)に待望のミニアルバム「i」(アイ)をリリースした上白石萌音が、ヴィーナスフォートのステージにて、リリースイベントを開催しました!

上白石萌音にとって、2年ぶりのリリースとなった本アルバムは、“上白石萌音が歌う、5つの恋物語”をコンセプトに、<思わせぶりな恋><幸せな恋><終わった恋><誰にも言えぬ恋><片思いの恋>をテーマに、様々な恋の形が描かれ、多彩な表現を繰り広げる上白石萌音の歌声を堪能できます。

この日のリリースイベントでは、上白石萌音ファンクラブ会員と、ミニアルバムの収録曲のひとつ『永遠はきらい』を聴いた感想をTwitterに投稿し応募してくださった方の中から抽選で選ばれた、合計200名様を招待し行われました。

リード曲『永遠はきらい』を歌いながら、上白石が後方扉から登場!
耳馴染みの良いアップテンポな曲調に、会場は一気にヒートアップ!お客さんからの手拍子に合わせて、ステージを動き回りながら笑顔で歌い上げました。
トークでは、アルバムのコンセプトや、2年ぶりの音楽活動への想いなどを交えながら、この日を迎えられた喜びを語りました。
続いて、アルバムに収録された最後の曲『ひとりごと』を熱唱。しっとりしたバラード曲で、歌声が会場に響き渡りました。
歌い終わると、上白石自身が“キュンキュンタイム”と表現し楽しみにしていたという、Twitterで募集した“恋のエピソード”を紹介するコーナーへ!瑞々しい恋の話の連続に、上白石は終始キュンキュンした様子でした。
最後に、上白石が主演した映画『L♡DK ひとつ屋根の下、「スキ」がふたつ。』の主題歌として話題となった楽曲『ハッピーエンド』を歌い上げ、イベントを締めくくりました。

イベント前に行われた会見では、『永遠はきらい』でのYUKIさん(作詞)、n-bunaさん(作曲)とのコラボについて、「もともとJUDY AND MARYさんが大好きなので、夢心地でした。おこがましくて私からは歌詞を書いてくださいとは言えなかったんですが、スタッフさんがオファーしてくださって、、、素敵な巡り合わせをいただきました」と満面の笑みを見せました。また、「アルバムが完成して、YUKIさんもn-bunaさんもコメントをくださって、完成を喜んでくださったので、ホッとしました」と心境を語りました。

作詞に携わった『ひとりごと』については、「産みの苦しみをとことん味わった気分です。あまり飾らずに、思っていることを書けたかなと思います。恥ずかしさもありますが、素敵なメロディをいただいたので、そこから導き出してもらいました」とコメント。

最後に、「いろんな面を持った、いろんな色を持った恋の物語を紡げたかなと思っています。自由にお手にとって、自由な感想を持って楽しんでいただけたら嬉しいです!」とメッセージを送りました。

(2019/07/10)