宮本信子 映画『いちごの唄』公開記念舞台挨拶イベントに登壇!!

全国で上映スタートとなった映画『いちごの唄』の公開記念舞台挨拶イベントが、7月6日(土)に新宿ピカデリーにて行われ、本作に出演する宮本信子が登壇しました!!

本作は、数々の名作ドラマを生み出している脚本家・岡田惠和さんと、銀杏BOYZの峯田和伸さんが紡いだ青春と恋の物語。1年に1度、親友の命日である七夕の日に、1日だけ会う約束をする主人公・笹沢コウタとヒロイン・天野千日の恋と友情を描いています。
宮本は、コウタの親友・伸二が暮らしていた「いちご園」の園長先生役を演じています。

この日のイベントでは、宮本のほか、古舘佑太郎さん、石橋静河さん、光石研さん、蒔田彩珠さん、峯田和伸さん、そして菅原伸太郎監督が登壇しました。

作品のおすすめポイントを聞かれた宮本は、「(コウタと天野の)ふたりのコンビが素敵なんです」とアピールしつつ、さらに「すごく静かで清々しい映画です。岡田さんと峯田さんがずっと練られてこられて、菅原監督も加わって…そういう映画に参加できて嬉しいなと思います」と出演への喜びを語りました。

本作の見どころのひとつである、石橋さんが演じる天野千日とのカフェのシーンについて、石橋さんは「一番忘れられないシーンですし、今までお芝居した中で忘れられない時間でした。ありがとうございました」と宮本に語り掛け、お互いに顔を見合わせながら感慨深い様子でした。

また、劇中にも登場する環七通りについて、峯田さんが自身の切ない恋愛エピソードを語り始めると、宮本は「泣けてきたの?」と聞きながら、さらにエピソードを引き出そうとすると、会場は笑いに包まれました。

この日は、本作でも重要な日である“七夕”の前日ということで、1年に1度しか会わないコウタと天野にちなみ、“好きな人と1年に1度しか会えなかったら何をして過ごすか”という話題に。
宮本は悩んだ末、「いっぱいお喋りして、そしたら眠くなって寝てしまって…ハッと目が覚めたら、『あ~幸せな夢だった』と思うのが良いかしら」と語ると、まるで映画が作れそうな素敵な回答に、会場からは拍手が湧き起こりました。

最後に、「映画が独り立ちして歩き始めました。どうか応援を宜しくお願いします」とメッセージを送り、締めくくりました。

映画『いちごの唄』は、全国の劇場にて絶賛公開中です!
ぜひ劇場でご覧ください!

(2019/07/06)