昆夏美 「第10回 岩谷時子賞」授賞式に登壇!!

公益財団法人 岩谷時子音楽文化振興財団が主催する「第10回 岩谷時子賞」授賞式が、7月1日(月)に都内会場にて行われ、<岩谷時子賞 奨励賞>を受賞した昆夏美が登壇しました!

この賞は、音楽文化の向上・普及のために、その活動において功労のあった人物・団体に栄誉をあたえるための賞で、今年で記念すべき10回目を迎えます。
昆夏美は、2011年に『ロミオ&ジュリエット』のジュリエット役でデビュー以降、岩谷時子さん訳詞の作品にも数多く出演。現在は『レ・ミゼラブル』にエポニーヌ役で出演中、来年には『ミス・サイゴン』のキム役で出演予定など、ミュージカル界を代表する女優としての活動を期待されての受賞となりました。

プレゼンターの竹下景子さんより、賞金目録と記念のクリスタルが授与された昆は、「このような素晴らしい賞を頂けて、大変光栄に思います」と受賞の喜びを口にしました。
これまでの活動を振り返り、「私は小さい時にミュージカルの世界に魅せられて感銘を受け、今こうして舞台役者として活動させてもらっています。私がこの仕事を続けていられるのは、私が幼い頃に受けた感動をお客様に届けられたらいいなという想いがあるからだと思います」と心境を語りました。
さらに、「この先辛いことがあったとしても、この賞を励みに、努力を怠らず、表現することに真摯に向き合っていきたいと思います」と決意を新たにしました。

そして、ライブパフォーマンスとして、現在出演中のミュージカル『レ・ミゼラブル』より、昆が演じるエポニーヌのソロ曲「オン・マイ・オウン」を歌唱披露!マリウスを想い、叶わない恋心を、切なくも力強く歌い上げました。

(2019/07/01)