長澤まさみ 映画『コンフィデンスマンJP』初日舞台挨拶に登壇!!

いよいよ5月17日(金)に公開スタートとなった映画『コンフィデンスマンJP』の初日舞台挨拶が、TOHOシネマズ日比谷にて行われ、本作で主演を務める長澤まさみが登壇しました!

本作は、脚本家・古沢良太さんが手掛けた月9ドラマ「コンフィデンスマンJP」の映画化で、主人公でコンフィデンスウーマンのダー子(長澤)が、真面目で小心者のボクちゃん(東出昌大さん)・百戦錬磨のコンフィデンスマン・リチャード(小日向文世さん)とともに、香港を舞台に壮大な騙し合いを繰り広げるエンターテインメント!

この日は、長澤とともに、共演者の東出昌大さん・小日向文世さん・小手伸也さん・織田梨沙さん・竹内結子さん・三浦春馬さん・江口洋介さん、メガホンを取った田中亮監督が登壇。

観客からの大歓声に迎えられ、長澤は「やっと皆さんに、『コンフィデンスマンJP』ロマンス篇が届くと思うと、嬉しい気持ちでいっぱいです。たくさんの方に観てもらいたいと思っています」と挨拶し、笑顔を見せました。

映画化が発表された際、ファンからは嘘ではないかと疑いを持たれていたようで、「嘘をついたつもりはないのですが…それだけ作品の世界にどっぷりハマってくださった方がたくさんいるんだと実感しました」と当時の心境を語り、「番宣活動をする中で、たくさんの子猫ちゃん(ファンの方)に会う機会があって、心待ちにしてくださっているのを目の当たりにすると、とても素敵な作品に巡り合えたんだなと感じました。本当に感無量です」と今の気持ちを明かしました。
東出さんから、「長澤さんは座長としてずっと頑張っていらっしゃって、長澤さんの背中に付いていこうとみんなで話していました」と語られると、照れ笑いを見せました。
「長澤さんのおかげです!」と話す自称“シンデレラおじさん”の小手さんに対して、長澤が「私もシンデレラなんだけどね。でも譲りますよ(笑)」と言うと、小手さんが「東宝シンデレラガールを?」と真顔で聞き返し、共演者たちからは「そうじゃない!違う!違う!」と突っ込まれ、絶妙な掛け合いに会場は笑いに包まれました。

また、騙し合いがテーマの本作を鑑賞し、会場の中の何割が騙されたのかを、観客が掲げた「ダマされた」「ダマされなかった」のうちわで判定することに。集計は野鳥の会がカウント!
長澤の予想は95%だったが、実際は97%の人が“ダマされた”と回答。長澤は「嬉しいです!」と喜びを語りました。

そして、初日をお祝いするべく、“くすダマしコンゲーム”を実施!
長澤以外の8名がくす玉を持ち、そのうち一人だけが本物のくす玉を持っていて、誰が本物を持っているかを長澤が当てることに。我こそが本物を持っていると、それぞれが長澤にアピール!
長澤は、小手さんに続いて指名した小日向さんで見事正解し、長澤本人も驚いた表情を見せ、思ったよりも早すぎた正解に、指名されずがっかりしている共演者たちに対し、「(小日向さんは)外れだと思ったんです。ごめんなさい、空気読めませんでした!もう一回しませんか?(笑)」と話し、会場の笑いを誘いました。

最後に、「皆さんに楽しんでもらいたいという気持ちで頑張って作ってきました。今回、映画になったことで、こんなに素晴らしい共演者の皆さんとご一緒できて、楽しくて大胆で痛快な『コンフィデンスマンJP』の世界を作り上げることができました。まずはこの作品がたくさんの方に届き、愛される映画になるといいなと思っています」とメッセージを送り締めくくりました。

映画『コンフィデンスマンJP』は、全国の劇場にて大ヒット上映中です!
ぜひ劇場でご覧ください!!

(2019/05/17)