水野真紀・遠藤久美子 映画『武蔵-むさし-』完成披露試写会に登壇!!

映画『武蔵-むさし-』の完成披露試写会が、5月8日(水)に都内会場にて行われ、本作に出演する水野真紀、遠藤久美子が登壇しました!

本作は、史実に基づくオリジナルストーリーで「本物の武蔵」と武蔵に関わる人物たちを描く本格正統時代劇。
佐々木小次郎との巌流島の決闘にいたるまでのすべての武蔵の戦いと、それぞれの人物の生きざまと正義が複層するストーリーです。
本作で、水野は佐々木小次郎の妻・ユキを、遠藤は新免武蔵の姉・吟を演じています。

この日の完成披露試写会では、水野・遠藤のほか、松平健さん、細田善彦さん、目黒祐樹さん、中原丈雄さん、清水綋治さん、原田龍二さん、武智健二さん、半田健人さん、木之元亮さんが登壇。MCは、三上康雄監督が務め、一人ずつステージに呼び込みトークを繰り広げました。

遠藤は、撮影前の本読みの際、「(劇中で言う台詞で)『勝つのよ!』というところで、監督から『遠藤さんだけ全然違う!』と言われて、汗を掻いたことを覚えています」とエピソードを紹介。撮影中は刺激的だったようで、「エネルギッシュな日々でしたので、全身に血が通って生きている心地がしました」と当時を振り返りました。
監督から「本番で『勝つのよ!』の台詞の後、フラフラになっていましたね」と明かされると、「武蔵に言っているんですけど、スタッフ全員に言うような気持ちで演じて欲しいと演出していただいて、頑張って言ったら貧血気味になってしまいました」と照れ笑いしながら語りました。最後には、監督からの振りで、渾身の『勝つのよ!』の台詞を観客に披露し、大きな拍手が送られました。

水野は、「監督は時代劇オタクで、初めてお会いしたときからパッションや意気込みが素晴らしくて、感銘を受けました。素晴らしい作品になっているので、ぜひ発信していただきたいです」と観客へ呼びかけました。
監督からは、「姿勢や佇まいが凛としていて感動しました」と絶賛されつつも、ここだけの話として「現場から帰るときに、『皆さん、ありがとうございました!水野です』を3回くらい言うんです」と明かされると、水野は恥ずかしそうにしながらも、「帰りますというアピールと、皆さんお疲れ様でしたという気持ちを伝えるために言ったのかもしれません」とコメントしました。

映画『武蔵-むさし-』は、5月25日(土)より公開です。
ぜひご注目ください!!

(2019/05/08)