上白石萌歌 映画『3D彼女 リアルガール』公開記念舞台挨拶に登壇!!

9月14日(金)に映画『3D彼女 リアルガール』が初日を迎えたことを記念して、15日(土)新宿ピカデリーにて舞台挨拶が開催され、本作に出演している上白石萌歌ほか、中条あゆみさん・佐野勇斗さん・清水尋也さん・恒松祐里さん・ゆうたろうさん・濱田マリさん・竹内力さん・英勉監督が登壇いたしました!

本作は、那波マオさん原作の同名マンガの実写映画化で、リア充美女と恋愛経験ゼロの2次元オタクが繰り広げる、住む世界が全く違うふたりの一途でピュアな、笑って泣けるラブコメディ。
上白石は、2次元オタク・筒井光(佐野勇斗さん)に恋する、同じくオタクの綾戸純恵を演じています。

上白石は、冒頭に「こうやってここから皆さんのお顔を見ると、やっと映画が公開されたんだなと晴れやかな気持ちになっています。去年の夏頃に撮影をして、みんなで過ごした青春の時間がしっかり映画の中に焼き付けられたと思うので、それを皆さんに観ていただけてとても嬉しいです」と挨拶。

そして、撮影中は笑いが絶えなかったようで、笑いを堪えることが大変だったシーンをフリップで紹介することに。
上白石は、清水尋也さん演じる高梨ミツヤが、野菜に向かって「大丈夫か?あー良かった」と喋る農園のシーンを挙げ、この場面は実は清水さんのアドリブだったことも明かされて、会場から驚きの声があがりました。

続いて、現場での待ち時間にみんなで遊んだという “絵しりとり”に舞台上でも挑戦することに。
前の人の絵を解釈して自身の絵を書くための一人あたりの持ち時間が少なく、慌ててルール外のしりとりが飛び出す大波乱!キャスト陣の仲の良さが炸裂して、大いに盛り上がりました。

そして、最後にはサプライズで、キャストから英監督に「ありがとう!」と声を揃えて感謝を伝え、舞台挨拶を締めくくりました。

映画『3D彼女 リアルガール』は、全国にて大ヒット公開中です!
ぜひ劇場でご覧ください!

©2018 映画「3D彼女 リアルガール」製作委員会 ©那波マオ/講談社

(2018/09/15)