長澤まさみ・髙嶋政宏 映画『キングダム』ワールドプレミアレッドカーペット&舞台挨拶に登壇!!

映画『キングダム』の完成を記念して、3月27日(水)に六本木にて、ワールドプレミアレッドカーペットと舞台挨拶が行われ、本作に出演する長澤まさみと髙嶋政宏が登壇いたしました!!

本作は、累計発行部数3800万部を超える同名漫画が原作で、紀元前の中国春秋戦国時代を舞台に、大将軍となることを夢見る戦争孤児の少年・信と、中国統一を目指す若き王・嬴政の姿を、壮大なスケールで描いたエンターテインメント超大作!
本作で、長澤は美しき山界の王・楊端和役、髙嶋は嬴政に忠義を誓う昌文君役を演じています。

この日は、長澤・髙嶋のほか、主演の山﨑賢人さん、吉沢亮さん、橋本環奈さん、本郷奏多さん、満島真之介さん、要潤さん、大沢たかおさん、佐藤信介監督、原作者の原泰久さんが登壇。

世界で大人気な作品の実写映画化で、この日は世界に先駆けて日本で初お披露目ということで、会場となった六本木アリーナには、作品の世界観をモチーフにした王宮セットの装飾とレッドカーペットが敷き詰められ、華やかに豪華登壇者が登場すると、会場からは悲鳴のような大歓声に包まれました。

長澤は、作品の完成度について、「映画のスクリーンだからこそ作り出せる迫力を持った作品になっていますので、ぜひ楽しんでいただきたいです!」と自信を覗かせました。
また、原作で人気のキャラクターである楊端和を演じる上で、「とてもプレッシャーに感じていました」と打ち明けつつも、「絶対的な強さを持っているという役柄だったので、気持ちの上で負けないように演じました」とコメント。さらに、出来上がった作品を観て、「佐藤監督の作り出す迫力が、思っていた以上に強い楊端和になっていて、監督やスタッフさんに助けられていたんだなと感じています」とスタッフへの感謝を口にしました。

一方、髙嶋は、作品を観た感想について「とにかく超スケールで、すごい青春グラフィティになっていました」と興奮気味に語ると、「原作の原先生は、原作のことはあまり考えなくていいと仰ってくださったんですが、出来上がった作品は完全にキングダムの世界観になっていました。会心の作品になっています!」と熱くコメントしました。
また、現場の雰囲気について「全員がキングダムに出ているんだという幸せに包まれていました。過酷なロケもありましたが、合間での皆さんとの会話の楽しさに救われました」とキャスト全員で連帯感を持って撮影に臨んだことを明かしました。

続いて、場所を移して行われたワールドプレミア舞台挨拶では、上映を心待ちにしているファンの前に登場。
長澤は、「いよいよキングダムが皆様の元に届くんだなと、ワクワク、ドキドキしています」と挨拶。注目ポイントとして、各キャラクターの登場シーンを挙げ、「キングダムという作品は、キャラクターのファンも多いと思うので、そのキャラクターが出てきたときに『待ってました!』という感じで出てくるので、ぜひ注目してほしいです」とおすすめポイントを紹介しました。

髙嶋は、「題材は中国ですが、この映画には小さい頃から皆さんが慣れ親しんでいるであろう、武士道・忠誠心・友情・青春がぎっしり詰まっています!」と絶賛し、「アクションがハイセンスで、今まで観たことのない感じに仕上がっています!」と注目シーンを挙げました。

映画『キングダム』は、4月19日(金)より全国ロードショーです!
ぜひご注目ください!!

(2019/03/27)