上白石萌音 映画『L♡DK ひとつ屋根の下、「スキ」がふたつ。』初日舞台挨拶に登壇!!

いよいよ公開初日を迎えた映画『L♡DK ひとつ屋根の下、「スキ」がふたつ。』の初日舞台挨拶が新宿バルト9にて行われ、本作で主演を務める上白石萌音が、共演の杉野遥亮さん、横浜流星さん、川村泰祐監督とともに登壇しました!!

本作は、累計発行部数1088万部を超える大人気少女漫画の実写映画化で、2014年に映画化された際には“壁ドン”が社会現象となりました。同棲生活を満喫する主人公・葵と柊聖のもとに、突如現れた柊聖の従兄弟・玲苑。3人の間で繰り広げられるドキドキの三角関係を描いたラブストーリーです。

舞台挨拶の冒頭で「まだフワフワした気持ちでいますが、この時間で公開を迎えたことを実感していくんだなと思います」と挨拶した上白石は、昨晩からずっと緊張していたようで、「今日は立っているのも精一杯です。出演が決まった瞬間からプレッシャーや不安がありました。告白する日を持っている感じで、早くきて欲しいような欲しくないような、そんな気分です(笑)」と独特な表現で初日を迎えた感想を語りつつ、「今浮かぶのはスタッフの方々のお顔です。この作品に全てを捧げられたスタッフさんは縁の下の力持ちなので、この日を迎えられて純粋に嬉しい気持ちです」と感謝を述べました。
また、監督からは「萌音ちゃんが座長で本当に良かったです。彼女がいたから現場の雰囲気も良くなったと思います」と絶賛されると、上白石は恐縮しきった様子でした。

本作は胸キャンが満載ということで、ベスト胸キュンシーンを聞かれると、「(柊聖や玲苑に対して)葵が『おかえり』という台詞が多くて、言う度に心が熱くなる感覚がありました。家族以外の人にはなかなか言う機会がないので、同居ならではの台詞でキュンとなっていました」と注目ポイントを紹介。

そして、この日は公開初日ということで、それぞれキャストから観客へのサプライズを実施することに。
上白石はお客さんへサイン入りボールを投げ込むということで、「三人のサインが入っているバージョンと、私のサインだけが入っているバージョンがあるんですけど…、受け取ったボールに私のサインしかなくても、この劇場には置いていかないでください(笑)」と懇願し会場の笑いを誘いました。
いざボールを投げようとすると、思った方向に上手く投げることができず慌てる上白石の姿に、会場は更なる大爆笑に包まれました。

最後の挨拶では、「私はヒロインとして紹介していただきますが、本当のヒロインは観てくださる皆さんなので、ぜひ葵に自分を重ねて観ていただきたいです。自分の身を砕いて人のことを想う気持ちや、自分の将来に悩みながらも突き進もうとする姿から、何か一つでも皆さんの心に残るものがあればいいなと思います。この春休み、ドンしてキュンして盛り上がって欲しいです!」とメッセージを送り、舞台挨拶を締めくくりました。

映画『L♡DK ひとつ屋根の下、「スキ」がふたつ。』は、全国劇場にて大ヒット上映中です!
ぜひ劇場へお越しください!!

(2019/03/21)