生田智子 映画『君は月夜に光り輝く』完成披露舞台挨拶に登壇!!

映画『君は月夜に光り輝く』の完成を記念して、2月19日(火)にTOHOシネマズ日比谷にて完成披露舞台挨拶が行われ、本作に出演する生田智子が登壇いたしました!!

本作は、第23回電撃小説大賞の《大賞》を受賞し、累計発行部数30万部を突破した佐野徹夜さんの同名小説の実写映画化。死期が近づくと体が発光する“発光病”という不治の病を患ったヒロイン・渡良瀬まみずが、クラスメイトの岡田卓也に“叶えられない願い”を代わりに実行してもらう“代行体験”を依頼。この代行体験を通して、迫り行く死に向き合いながらも強く美しく生きるまみずと、そんな彼女に惹かれていく卓也の青春純愛映画になっています。
生田は本作で、まみずの母・渡良瀬律を演じています。

この日の舞台挨拶では、生田のほか、主演の永野芽郁さん、北村匠海さん、甲斐翔真さん、松本穂香さん、今田美桜さん、優香さん、長谷川京子さん、及川光博さん、そしてメガホンを取った月川翔監督が登壇。

はじめに、生田は「試写会で観たんですが、もし家だったら号泣していただろうなというくらい涙が溢れました」と完成した作品の感想を語り、「恥ずかしいので、天井を何分か見つめてしまいました」と打ち明けました。
作品の見どころについても、「悲しいだけではなく、観終わった後に心がホッとする映画になっています」と紹介し、「皆さんもぜひお友達に紹介してください」とアピールしました。

そして、映画のタイトルにちなんで、自身が光り輝くエピソードをフリップで披露することに。
生田は、「女子トークをしている時に、光り輝いているんじゃないかなと思います」と発表。「おばちゃんはお話好きなんですよ(笑)」と理由を語ると、撮影で一緒になることが多かった及川さんから「現場でもずっと喋ってたよね」と明かされると、「ごめんなさいね。みっちーパパ(及川さん)や優香ちゃんとは、たくさんお話させていただいて…」と女子トーク!?で盛り上がった現場の様子を明かしました。

映画『君は月夜に光り輝く』は、3月15日(金)より全国ロードショーです!!
ぜひご注目ください!!

(2019/02/19)