斉藤由貴 映画『フォルトゥナの瞳』初日舞台挨拶に登壇!!

いよいよ公開を迎えた映画『フォルトゥナの瞳』の初日舞台挨拶が、2月15日(金)にTOHOシネマズ日比谷にて行われ、本作に出演する斉藤由貴が登壇いたしました!!

本作は、百田尚樹さんによる同名小説の実写映画化で、運命が見える男と“死の運命”に導かれる女性が織りなす、心震えるラブストーリー。斉藤は、主人公の青年・木山慎一郎(神木隆之介さん)を母親のように優しく見守る女性・遠藤美津子役を演じます。

この日の舞台挨拶では、斉藤のほか、主演の神木隆之介さん、ヒロインの有村架純さん、志尊淳さん、DAIGOさん、時任三郎さん、そしてメガホンをとった三木孝浩監督が登壇。

劇中で斉藤が発する『人は朝起きてから夜寝るまで、9000回何かを選択している』という台詞にちなみ、
“最近何を選択したか”という話題に。
斉藤は、ふと思い立って札幌の雪まつりを見に行ったようで、「大寒波がくる直前だったので、温かい肌着をたくさん着込んでいくことを選択したんですが、それは間違いでした!」とコメント。「室内がすごく温かいので、逆に気持ち悪くなってしまって・・・中は薄着で、外に温かいものを着るのがベストな選択でした」と寒い地域での過ごし方を学習したことを明かしました。

また、神木さん演じる主人公は<“死の運命”にある人が透けて見える>という特殊能力を持っていることから、監督や共演者から見た神木さんの特殊能力をフリップで発表することに。
斉藤は、『一瞬で人の心に入ってくる能力』と紹介。俳優の仕事をしている人は、意外と人見知りの人が多いようで、「神木さんは最初から、“仲良くなりましょう”、“あなたのことを受け入れますよ”、“飛び込んでいっていいですか”という雰囲気が全身から溢れているんです」と大絶賛。そんな神木さんと共演して、「みんなが安心して、一緒に良い作品を作ろうという気持ちになれる、強さや素直さを持っていて素晴らしい能力だなと思います」と語り、神木さんを中心に現場が一致団結していた様子を伝えました。

そして、この日は初日舞台挨拶ということで、“透けて見える”という作品テーマをイメージした、“透けて見えるくす玉”を全員で割り、めでたく公開初日を祝しました。

映画『フォルトゥナの瞳』は、全国劇場にて大ヒット上映中です!
ぜひ劇場でご覧ください!!

(2019/02/15)