朝夏まなと ミュージカル『笑う男 The Eternal love –永遠の愛-』製作発表記者会見に登壇!!

2019年4月より上演されるミュージカル『笑う男 The Eternal Love -永遠の愛-』の製作発表記者会見が、1月29日(火)に都内会場にて行われ、本作に出演する朝夏まなとが登壇いたしました!!

『笑う男 The Eternal Love -永遠の愛-』は、「レ・ミゼラブル」の著書で知られる文豪、ヴィクトリア・ユゴーが手掛けた小説が原作。2018年に世界初演の幕を開けた話題作が、今年、上田一豪さん演出によって日本初演を迎えます。
見世物として口を裂かれ醜悪な笑みを貼り付けられた主人公・グウィンプレンが、運命に翻弄されながらも辿り着く真実とはー。悲しくも無垢な愛を描いたミュージカルとなっています。
本作で朝夏は、醜くも魅惑的なグウィンプレンに心惹かれ、誘惑する公爵・ジョシアナを演じます。

この日の会見では、朝夏のほか、主演の浦井健治さん、盲目のデアを演じる夢咲ねねさん・衛藤美彩さん、そして演出を手掛ける上田一豪さんが登壇。キャスト陣がそれぞれ役衣装を身にまとって登場すると、会場からは大歓声が沸き起こりました。

朝夏にとって本作は挑戦となる作品と位置付けているようで、「この作品は(貧者と富める者の)対比が明確に描かれていますが、貴族側の象徴として色濃く存在していきたいです。上田先生と素晴らしいキャストの皆様と一緒に、素晴らしい音楽と世界観をお届けできるように頑張ります」と、力強く意気込みを語りました。

『オン・ユア・フィート!』でも一緒だった上田一豪さんの印象について聞かれると、「稽古場で一番テンションが高いのは上田さんじゃないかというくらい、みんなを引っ張ってくださいました。一方で、人の気持ちを繊細に描くアドバイスをたくさんしていただいて、とても勉強になりました。また弾けた上田さんにお会いできるのが楽しみです!」とコメントし、再び上田さんとタッグを組むことが楽しみな様子でした。
また、上田さんからの「生まれ持ったオーラがある方なので、今回全てを手に入れている女性・ジョシアナ公爵をとても魅力的に演じて頂けると思っています」という称賛と期待のコメントに、朝夏は照れ笑いを浮かべていました。

そして、グウィンプレンを誘惑する女性を演じるにあたって、「何でも手にしているのに幸せを感じることができなくて、彼を手に入れた先に幸せがあるんじゃないかと思う複雑な心理がある女性」と自身が演じるキャラクターを解釈した朝夏は、「誘惑する場面がメインになると思いますが、そこに至るまでの彼女のことを私がまず一番に理解したいと思っています」と役作りについて明かしました。

さらに、“全てを手に入れている女性”にちなんで、今手にしたいものを聞かれ、「いつか猫を飼いたいです!寂しくなってはペットショップに行く生活を5年くらい送っています(笑)なかなか決断ができなくて・・・」とささやかな夢を語ると、会場は笑いに包まれました。

会見では、興味本位で“笑う男”を見にきたジョシアナ公爵が、醜いはずの彼になぜか心が惹かれてしまう胸の内を綴ったナンバー『この気持ちは何?』を披露!作品への期待感を高めて幕を閉じました。

ぜひご注目ください!!

<公演情報>
・2019年4月9日(火)~4月29日(月・祝)/日生劇場
・2019年5月3日(金・祝)~6日(月)/御園座
・2019年5月10日(金)~12日(日)/新川文化ホール
・2019年5月16日(木)~19日(日)/梅田芸術劇場
・2019年5月25日(土)~26日(日)/北九州ソレイユホール

(2019/01/29)