長澤まさみ 映画『マスカレード・ホテル』初日舞台挨拶に登壇!!

いよいよ公開を迎えた映画『マスカレード・ホテル』の初日舞台挨拶が、18日(金)にTOHOシネマズ 日比谷にて行われ、本作に出演する長澤まさみが登壇いたしました!!

映画『マスカレード・ホテル』は、東野圭吾さんの大ベストセラー小説の実写映画化!
連続殺人事件の次なる犯行現場とされる超一流ホテルを舞台に、事件解明に向けてホテルマンに扮して潜入捜査をするエリート刑事と、お客様を第一に考えるホテルマンという立場も性格も正反対のふたりがタッグを組み、難事件に挑むミステリー!
長澤は、お客様の仮面を守ろうとするホテルマン、山岸尚美役を演じています。

この日の舞台挨拶には、長澤のほか、主演の木村拓哉さん、小日向文世さん、渡部篤郎さん、そしてメガホンを取った鈴木雅之監督が登壇!

いよいよ初日を迎え、長澤は「撮影は一昨年の秋だったので、やっと皆さんに観ていただける日を迎えられて、嬉しい気持ちでいっぱいです」と喜びを語りました。

主演の木村さんは、これまでにも様々な職業を役者として演じてきたため、共演者からみた“木村さんに演じて欲しい職業やキャラクター”を披露することに。
長澤は、「木村さんはスーパーマンみたいに、何でもできる印象があるので、反対に一つも良いところがない、とことん悪い役を見てみたいです!」とプレゼンすると、会場からも共感の拍手が沸き起こりました。
本作の撮影中でも、長澤による木村さんのプロデュースが繰り広げられたようで、木村さんが「NHK連続テレビ小説に出てくる、“亡くなってしまっているお父さん役”をやるべきだって、ビシッと決めたホテルマンの衣装と姿勢のまま説明されました(笑)」とエピソードを明かすと、長澤は「ヒロインが息詰まったときに、回想シーンで出てくるんです!」と自信満々にプランを語り、会場の笑いを誘いました。
さらに、小日向さんや鈴木監督からも、木村さんのキャラクタープランが披露されると、会場は爆笑に包まれ大盛り上がりとなりました。

最後に、本作について「水と油のような新田浩介と山岸尚美が、どのように信頼関係を築いてバディになっていくのか、ふたりが信頼しあった瞬間が出てくるので、それを楽しみにしていただけたらと思います」と見どころを紹介し、舞台挨拶を締めくくりました。

映画『マスカレード・ホテル』は、全国にて大ヒット上映中です!
ぜひ劇場へお越しください!!

(2019/01/18)