野波麻帆 ドラマ「ハケン占い師アタル」制作発表記者会見に登壇!!

1月17日からスタートする、新木曜ドラマ「ハケン占い師アタル」の制作発表記者会見が、11日(金)にテレビ朝日にて行われ、本作に出演する野波麻帆が登壇いたしました!

「ハケン占い師アタル」は、目を合わせた相手の内面や原風景が見える特殊能力を持った主人公・的場中が、周囲の人たちが抱える悩みを根本から解決していき、働く人々を希望へと導いていくストーリー。
本作で野波は、仕事はできるがいつもピリピリモードな正社員・田端友代役を演じます。

この日の会見では、野波のほか、主演の杉咲花さん、小澤征悦さん、志田未来さん、間宮祥太朗さん、志尊淳さん、板谷由夏さん、若村麻由美さん、及川光博さんなど、豪華出演陣とともに登壇。

自身が演じる田端友代について、「皆さんとコミュニケーションを取らず、笑わず、定時には仕事を終えて残業せずに帰るというロボット的な役柄です。アタルが入ってきてから、そうなってしまう田端の謎が解き明かされていくので、何かが変わっていければいいなと思っています」とキャラクターについて紹介。現場での雰囲気は、「(役柄的に)本番と普通のときのテンションが全然違うので大変ですが、本当に楽しく演じさせていただいています」と充実している様子を明かしました。

ドラマのテーマが、“平成最後の働き方改革”ということで、平成最後にやっておきたいことを問われると、「高いところが好きなので、スカイダイビングやバンジージャンプに挑戦したいです」と宣言。

さらに、原風景が見えるアタルの特殊能力にちなんで、アタルを演じる杉咲花さんが、フリップに書かれたヒントをもとに、共演者たちが小さい頃になりたかった職業を当てることに。
杉崎さんはなかなか答えを当てられずにいる中、野波が描いた完成度の高い飛行機のイラストを見た瞬間、すぐに「キャビンアテンダント!」と正解し、野波や共演者たちから拍手が送られました。

最後に、小澤さんの掛け声をきっかけに、ステージに豪華なアタル神社が登場!
特殊能力をもとに同僚たちを良い方向に導いていくというストーリーにちなんで、ドラマの大ヒットと2019年の幸運への願いが込められ、会見は幕を閉じました。

「ハケン占い師アタル」は、1月17日より毎週木曜21:00~放送です!
ぜひご覧ください!!

(2019/01/11)