斉藤由貴 映画『フォルトゥナの瞳』完成記念イベント&舞台挨拶に登壇!!

2月15日(金)に公開を迎える映画『フォルトゥナの瞳』の完成記念イベントと舞台挨拶が、1月8日(火)TOHOシネマズ六本木ヒルズにて行われ、本作に出演する斉藤由貴が登壇いたしました!

本作は、『永遠の0』『海賊とよばれた男』の百田尚樹さんによる同名小説の実写映画化。
「死を目前にした人間が透けて見える」という不思議な能力“フォルトゥナの瞳”を持つ青年と、死の運命に導かれる女性が織り成す珠玉のラブストーリー。
斉藤は、主人公・木山慎一郎(神木隆之介さん)を母親のように優しく見守る、遠藤美津子 役を演じています。

完成記念イベントでは、本作で夫婦役を演じた時任三郎さんにエスコートされながら、屋外階段に敷かれたレッドカーペットに華々しく登場!
続いて行われた舞台挨拶では、撮影現場での話題を中心に展開。
シリアスな場面も多い作品ですが、斉藤が出演するシーンは柔らかい雰囲気だそうで、「初めに監督からは、『美津子は心が温かくなるような役割です』とはっきりと言っていただいたので、そのことを最後まで自分に言い聞かせながら演じました」と役作りについてコメント。
また、『人は誰しも、毎日9000回、いろんなことを選んで生きている』という自身の台詞に感銘を受けたようで、「こんな素敵な台詞を言わせていただいてとても光栄に思います。他にも素敵なセリフがたくさん出てきます」と作品の魅力を紹介しました。

そして、主演の神木さんと有村さんの印象を問われると、「神木さんは主演なので出番が多いですが、一瞬たりとも疲れた感じを出さない方です。周りに気を配っていて、みんなと楽しく仕事をするのが幸せという想いが伝わってきて、とても楽しかったです」と刺激を受けた様子を明かしました。有村さんについても、「若いのに落ち着いていて、静かで、いつでもニュートラルなところが、とても素敵だなと思いました。心あるお芝居をされる方だなと眩しく見ていました」と絶賛しました。

この日は新年を迎えたばかりということで、それぞれ今年の抱負を披露することに。
斉藤は、「別の作品でほとんど英語を喋る役に挑戦したり、先日も外国人の演出家の方とお会いする機会があったりと、課題も多かったので、今年は英語を学ぶ1年にしたいです」と新たにチャレンジしたいことを語りました。

映画『フォルトゥナの瞳』は、2月15日(金)より全国ロードショーです!
ぜひご注目ください!!

(2019/01/08)