沢口靖子 ドラマ「小吉の女房」記者試写会に登壇!!

来年2019年1月11日(金)よりスタートするBS時代劇「小吉の女房」の記者試写会が、12月17日(月)にNHKにて行われ、本作で主人公・お信を演じる沢口靖子が上映後の会見に登壇いたしました!!

本作は、幕末の英雄・勝海舟を育てた型破りな夫婦の物語。天真爛漫な貧乏旗本の妻・お信(沢口靖子)と、破天荒な夫・勝小吉(古田新太さん)による、明るく笑えて、ときにほろ苦い、斬新なホームドラマ時代劇となっています。

本作への出演にあたって、沢口は「山本むつみさんに書いていただいた脚本が、温かくユーモラスなホームドラマでしたし、お信のキャラクターがとても身近に感じられたので、新たな自分を表現するチャンスと受け止めて、楽しく演じさせていただきました」とコメント。

また、16年前の舞台で共演した夫役の古田さんについて、「やんちゃな少年がそのまま大人になったようで、色気もある魅力的な方です」と印象を語り、さらにお芝居の面では「監督のどんな要求にも応えられる柔軟性や瞬発力、そして説得力のあるお芝居で、見習いたいところばかりでした」と厚い信頼を寄せていました。
一方、古田さんからは、「とても素直なお芝居で、子どもへの愛情の掛け方など親身なお母さんを演じられていて、惚れ直しました」と褒められると、照れた様子を見せていました。

時代劇の魅力を問われると、「物が豊かでない時代ですが、心や言葉が豊かだったと思います。それを伝える、山本むつみさんの脚本には、日本語の美しさを感じました」とコメントしつつ、そんな時代劇を演じる上で、「お信は武家の娘なので、所作など嗜みのある女性に見えるように気遣いました」と役作りについて明かしました。

そして、ふたりが演じた夫婦について、「喧嘩っ早いけど、真っ直ぐで男気があって優しい夫を、一番に理解し愛しているお信と、おっとりしていて不器用だけど天真爛漫な妻の全てを愛してくれている小吉、お互いが良いことも悪いこともひっくるめて理解し合っているところが素敵です」と魅力を語りました。

BS時代劇「小吉の女房」は、BSプレミアムにて、1月11日(金)より毎週金曜20:00~20:43放送です!!

ぜひご覧ください!!

(2018/12/17)