長澤まさみ エル シネマ大賞2017授賞式に登壇‼

2017.12.12

写真1

本日、都内にてエル シネマ大賞2017授賞式が行われ、長澤まさみが「エル ベストアクトレス賞」を受賞し、授賞式に登壇いたしました。

エルシネマ大賞は、2015年より文化人や映画ジャーナリスト、ファッション関係者約40名を迎え、独自のその視点でその年のナンバーワンの映画を選ぶ「エル シネマ大賞」を選出し、発表。昨年より、日本の映画界で輝く女優と監督に贈る「エル ベストアクトレス賞」、「エル ベストディレクター賞」が設立されました。

授賞式に、長澤はFENDIの最新作の黒いドレスと華やかなジュエリーを身にまとい登場。今年は自身主演作の映画『散歩する侵略者』が第70回カンヌ国際映画祭「ある視点」部門に正式出品され、またアニメーション映画『SING/シング』の声優など含めて4本の話題作に出演し、今回『散歩する侵略者』は今年のエルシネマ30本にも選出されました。
長澤は受賞を受けて「この様な賞を頂けて本当に嬉しいです。この仕事をしていると、自分が何をやっているか分からなくなる事があり、孤独の作業になる事もあるんですが、賞を頂くと、このまま頑張れって言われている様な、とても嬉しい気持ちになります。今年は映画漬けの1年で、映画だけにこだわっているという事ではないのですが、来年も、もっと精進していきたいと思います。」と来年の抱負を込めてコメントをしました。

2018年、長澤まさみ主演最新作『嘘を愛する女』が1月20日(土)公開となります。
ぜひお楽しみに!


(2017/12/12)

写真2