上白石萌音 「映画 妖怪ウォッチ」シリーズ最新作 『映画 妖怪ウォッチ シャドウサイド 鬼王の復活』完成披露試写会に登壇!!

2017.12.07

写真1

先日都内にて『映画 妖怪ウォッチ シャドウサイド 鬼王の復活』完成披露試写会が行われ、
主人公・天野ナツメ役の上白石萌音、もう一人の主人公・月浪トウマ役の千葉雄大さん、ウシロシンジ監督が登壇しました!

今作は、「妖怪ウォッチ」シリーズの主人公・ケータの時代から、30年後の世界を描いた物語。登場人物はみな一新され、新しい妖怪ウォッチの継承者が誕生! お馴染みの妖怪たちは普段の姿「ライトサイド」と戦闘形態「シャドウサイド」という二つの姿を手に入れ、バトル時には超変化します! さらに、今までとは一味違うちょっとシリアスな世界観や、国民的妖怪「ゲゲゲの鬼太郎」の登場など、例年とは異なる新しい要素が満載の今作は、大きな話題となっております!

イベント冒頭の挨拶で上白石が会場に向かって「こんにちは!」と挨拶すると、会場にいる子供たちから「こんにちはー!」と大きな声で挨拶が。これから本作を観るお客様へ「この後新しい「妖怪ウォッチ」をご覧になるということで、ワクワクされていると思いますが、一緒に楽しい時間を過ごせたらと思います!」と挨拶しました。
また質問で、ナツメ役の声優のお話を頂いた時について聞かれると「「妖怪ウォッチ」という言葉が聞かない日がないぐらい大人気のアニメなので、まさか私がケータ役の娘役をやらせていただくなんて思ってもいなく…とても嬉しかったですし、お話を頂いてとてもワクワクしました!」とコメントしました。ウシロ監督は本作での上白石の声を聞いて「主人公・ナツメちゃんの、優しかったり、頑張っている姿がご本人ととても合っているなぁと思い、映画をご覧になっていただいたらそのあたりも感じられると思います。」とコメントされました。

さらに舞台挨拶後半では、本作にて「妖魔界」と「ゲゲゲの森」で禁断の交わり、出演を果たしている鬼太郎と、本作でも鬼太郎役を演じるレジェンド声優・野沢雅子さんがサプライズ登壇!アフレコではお会いできず、残念だったと語る上白石、千葉雄大さんは、本日の野沢雅子さんの登壇は知らず、サプライズにて念願の初対面となりました!
上白石は「(サプライズ登壇に)ちょっと、混乱しています…お会いできて光栄です!今、耳がとても幸せで…、画面に聞いていた声が直接聞こえて、今年一番の感激です!」とコメントしました。

また今年2017年を振り返り、これは妖怪の仕業だったのでは…と思う出来事は何かと聞かれると、上白石は「私は今年、特に映画、ドラマ、舞台と何を観ても号泣する1年で、感動するものだけではなく、ハッピーなものでも泣いてしまい、あれは妖怪の仕業だったのでは…と思います(笑)。今回の妖怪ウォッチでも泣いてしまい、とても感動しました!」と今年1年を振り返りました。

『映画 妖怪ウォッチ シャドウサイド 鬼王の復活』は、
いよいよ来週12/16(土)より全国公開となります!
この冬は新しい「妖怪ウォッチ」ムービーを劇場にてお楽しみください!


(2017/12/3)

写真2