山村紅葉 映画『オリエント急行殺人事件』 スペシャルイベントに登壇!!

2017.12.06

写真1

昨日都内にて、映画『オリエント急行殺人事件』スペシャル・イベントに山村紅葉が、本作の監督と主演を務めたケネス・ブラナー氏、草刈正雄さんと共に登壇いたしました!

本作は“ミステリーの女王”アガサ・クリスティーの小説をベースに描かれており、同小説は、現在までに世界各国で多数 映画化やドラマ化され日本だけでも 400 万部以上を売り上げている傑作ミステリーとなります。

この度、監督と“世界一の名探偵”ポアロ役を兼任したケネス・ブラナー氏の緊急来日に伴い、TOHO シネマズ 六本木にてスペシャルイベントが開催!イベントが始まるとまずレッドカーペットには、“サー”の称号を持ち、5度に渡ってアカデミー賞 にノミネートされている名匠ケネス・ブラナー氏が登場!集まったファンからは「I Love You!」という黄色い大歓声が上がりました。続いて、主人公エルキュール・ポアロ役の日本語吹替えを担当された草刈正雄さん、オスカー女優のジュディ・デンチ演じるドラゴミロフ公爵夫人の吹替え声優を務めた山村紅葉が登場。日米の名優たちが揃った会場は一気にヒートアップし、3名は丁寧にファンからのサインや写真撮影に応じました。

約2年ぶりの来日となったブラナー氏は開口一番、 「アリガトウゴザイマス!」と日本語で挨拶し、日本語吹替えを担当された草刈さん、山村の印象について「こんなに素晴らしい方々に参加して頂き、イギリスにいる俳優たちも喜んでいますよ!東京が大好きです!」と来日の喜びを表しました。そんなブラナー氏のコメントを聞いた山村は、「監督と主演を務める天才なので 気難しい方かと思いましたが、とてもフレンドリーでますます大好きになりました!」とコメントしました。

また“日本のアガサ・クリスティー”と称される山村美紗さんを母に持つ山村からブラナー氏へ「ミステリーを映画化するとき、トリックを知っている観客も多いと思いますが苦労されたことはありますか?」と山村ならではの質問が飛ぶと、ブラナー氏は「キャストの素晴らしい演技に共感されたと思います。このキャラクターたちは悲しみを隠している演技しています。これは演技力がない と出来ないことですよね」とキャストへ称賛のコメントをしました。

最後に草刈さん、山村が、本作の見所を漢字一字で表現し、草刈さんは「これまでのポアロのイメージを覆すアクションだった!」という感想を表して「動」という漢字を、山村は「登場人物の全員の「感情」が揺れ動く様、その表情が本当に 名優揃い!」ということで「感」という漢字を直筆で披露しました。お二人の漢字を合わせると「感動」という文字が完成し、ブラナーも「素晴らしい組み合わせですね!」とお墨付きを頂き、特製ハンコで太鼓判を押しました!
今年最高のエンターテインメント超大作、映画『オリエント急行殺人事件』 は12/8(金)公開です!ぜひ劇場にてお楽しみください!