上白石萌音 「日本映画プロフェッショナル大賞 新進女優賞」受賞!

2017.04.14

写真1

映画監督や脚本家、プロデューサー、宣伝関係者、評論家などからなる選考委員の投票と、実行委員会の評価により決定される「日本映画プロフェッショナル大賞」にて、上白石萌音が『ちはやふる−上の句−』、『ちはやふる−下の句−』、『溺れるナイフ』での演技が評価され、第26回新進女優賞に選ばれ、授賞式に登壇しました。

新進女優賞に選出されたことについて上白石は「栄えある賞をいただきありがとうございます。『ちはやふる』と『溺れるナイフ』で呼び名が同じ“かなちゃん”を演じて今回受賞できたことに素敵な縁を感じています。新進という言葉に恥じぬよう、これからも誠実に役に向き合い、お芝居をしていきたいと思います」と喜びとともに意気込みも語りました。

写真2

またこの日は特別ゲストとして『ちはやふる』の監督を務めた小泉徳宏監督から花束をいただきました。小泉監督から「初めて会った時(奏を演じられる人)に出会ってしまったな、この人なんだなと確信しました。続編もがんばりましょう!」とエールを送られ、笑顔を見せました。

今回、上白石は各作品において異なるキャラクターを演じ分けたことが評価されました。舞台上では審査員長であり、映画評論家の大高宏雄さんから「演じる役により、まったく別の表情を見せるが、どのような気持ちで演じるのか」と問われ、「お芝居が好きな気持ちや向き合い方は、初心を忘れないようにしたいと思っていますが、役によって自分のあり方も全く違ってきますし、出会った役に学ぶことも多いです。わたしの中では毎回違う自分でいたいと思っています。」と話しました。

今後とも多彩な役柄への挑戦を続ける上白石の活躍にご期待ください!

(2017/4/14)