山崎紘菜 映画『春夏秋冬物語』舞台挨拶に登壇!

2017.04.09

写真1

山崎紘菜が映画『春夏秋冬物語』の舞台挨拶に「ライブ」パートで音楽を魅せたヒルクライムさん、山崎とともに「純愛ドラマ」パートを熱演した葉山奨之さんと登壇しました。
同作品はヒルクライムさんの名曲「春夏秋冬」をモチーフにしており、季節を巡る「純愛」ストーリーをヒルクライムさんのライブで紡いでいく音楽映画となっています。

作品の舞台は東京。山崎が演じる24歳のデザイナー美由と、夢を追い続け、苦悩する美由を支える幼なじみの修二(葉山奨之さん)の物語。修二には年上の彼女がおり、彼女との生活を大切にしつつも、美由のことが気になる。交差する3人の想いを描いています。
美由を演じた山崎は「ヒルクライムさんの大ヒット曲であり、人それぞれに思い出がある楽曲だと思いますので、それに新しいストーリーをつけて映像化することには不安がありましたが、とても良い作品に仕上がりました!」と自信を見せました。
また「春夏秋冬」という曲のタイトルにちなんで好きな季節を聞かれると、「春」と即答。「桜が好きだから。桜が咲いている街並みや、桜が散る儚さ、今日みたいに雨に濡れた桜も好き!」と話しました。

そして、この日は山崎の誕生日が近い(4月25日生まれ)ということで、サプライズで一足早くお祝いが行われました!葉山さんから春夏秋冬それぞれの季節の花束を贈られた山崎は、突然の出来事に驚きの表情を浮かべながら「この作品に携われて幸せです!」と喜びを語りました。

ヒルクライムさんの楽曲とドラマが素敵に融合された映画『春夏秋冬物語』は本日8日から公開しています!
みなさま、ぜひ劇場に足をお運びください!

(2017/4/9)

写真2